MENU

ステップ記録ツールで操作の手順を記録する – Windows8

Windows8に標準搭載されているWindowsアプリ「ステップ記録ツール」の使い方を紹介します。

ステップ記録ツールでは、Windows上で行った操作の手順をスクリーンキャプチャ付きで記録してくれます。かなり便利なツールなので、使い方を覚えておくと便利ですよ。

ステップ記録ツール – Winodwsアクセサリ

winodws8-steps-recorder-tool-00
Windowsへサインインし、画面左下の下向き矢印(↓)をクリックします。

winodws8-steps-recorder-tool-01
クリックすると「すべてのアプリ」が表示されるので、その中から「Windowsアクセサリ」→「ステップ記録ツール」をクリックします。

winodws8-steps-recorder-tool-02
クリックするとデスクトップ上に「ステップ記録ツール」ウィンドウが表示されます。

それでは、操作手順を記録してみましょう。

winodws8-steps-recorder-tool-03
まず、ステップ記録ツールの「記録の開始」をクリックします。

適当にWindowsを操作しましょう。アプリケーションを起動したり、終了したり……など。ここでは「Internet Explorer」を操作してみました。

winodws8-steps-recorder-tool-04
操作したら、ステップ記録ツールの「記録の停止」をクリックします。

winodws8-steps-recorder-tool-06
クリックすると「ステップ記録ツール」の操作手順がスクリーンキャプチャ付きで表示されます。

winodws8-steps-recorder-tool-07
このように「その他の詳細」には、ユーザーのクリック操作やキーボード入力なども記録されます。便利ですよ〜。

関連記事