今日の人気記事

  1. iPhone - 緊急速報の設定(アラートをオフ、音を鳴らさない)
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

Google Chrome - インターネットの閲覧履歴を削除

スポンサーリンク

Google Chromeのインターネットの閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

インターネットの閲覧履歴をみると、その人の趣味嗜好や考えていること……などのほとんどのことが分かってしまいます。ちょっと恥ずかしいので、複数人でパソコンを利用する場合には定期的にインターネットの閲覧履歴を削除しておきましょう。

ここでは「インターネットの閲覧履歴」、タブページに表示される「よくアクセスするサイト」を削除する方法を紹介します。

スポンサーリンク

インターネットの閲覧履歴を削除

chrome-delete-browsing-history-01
Google Chromeを起動します。

chrome-delete-browsing-history-02
右上にあるマーク「≡」をクリックします。

chrome-delete-browsing-history-03
クリックすると、このようにメニューが表示されるので、その中から「設定」をクリックします。

chrome-delete-browsing-history-04
下のほうにある「詳細設定を表示」をクリックします。

chrome-delete-browsing-history-05
クリックすると詳細設定が表示されるので、プライバシー項目の「閲覧データの消去」をクリックします。

chrome-delete-browsing-history-06
すると、このようなポップアップが表示されるので、まず消去するアイテムの期間を選択しましょう。「次の期間のアイテムを消去」の右にある選択項目をクリックします。

chrome-delete-browsing-history-07
以下の選択項目から期間を選択します。

  • 1時間以内
  • 過去1日
  • 過去1週間
  • 過去4週間
  • すべて

chrome-delete-browsing-history-08
閲覧履歴の他に以下のような項目が消去できるので、消去したい項目にチェックを入れ、「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。

  • 閲覧履歴
  • ダウンロード履歴
  • Cookie と他のサイトやプラグインのデータを削除する
  • キャッシュ
  • 保存したパスワード
  • 保存されている自動入力フォームのデータを消去する
  • ホストされるアプリからデータを消去する
  • コンテンツ ライセンスの許可を取り消す

よくアクセスするサイトを削除

閲覧履歴と共にタブページに表示されるよくアクセスするサイトも削除しておきましょう。

chrome-delete-browsing-history-09
タブページに表示されているサムネイルにマウスカーソルを合わせ、右上の「×」ボタンをクリックします。これでOKです。

スポンサーリンク

関連記事と広告