MENU

Google Chrome – インターネットの閲覧履歴データを削除

Google Chromeのインターネットの閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

インターネットの閲覧履歴をみると、その人の趣味嗜好や考えていること……などのほとんどのことが分かってしまいます。ちょっと恥ずかしいので、複数人でパソコンを利用する場合には定期的に閲覧履歴データを削除するといいかもしれませんね。

ここではインターネットの閲覧履歴データを削除する方法をみていきます。

目次

Chrome – 閲覧履歴データの削除

それでは実際に削除してみましょう。

Google Chromeを起動し


画面右上の「︙」をクリックします。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定」をクリックします。


設定です。

下のほうにある「詳細設定を表示」をクリックし


すると、詳細設定が表示されるので

プライバシーとセキュリティ項目の「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。


すると、「閲覧履歴データを消去する」というポップアップが表示されます。

あるいは! ショートカットキー「Ctrl + Shift + Delete」を押しても上のポップアップが表示されます。

閲覧履歴データの消去

データの消去方法を「基本」「詳細設定」の2つがあるので、順にみていきます。

基本


消去するデータの期間と項目を

  • 閲覧履歴
  • Cookie と他のサイトデータ
  • キャシュされた画像とファイル

選択し


「データを消去」をクリックしましょう。

これでOKです。

詳細設定

次は詳細設定をみていきます。


上部タブ「詳細設定」をクリックしましょう。


消去するデータの期間と項目を

  • 閲覧履歴
  • ダウンロード履歴
  • Cookie と他のサイトデータ
  • キャシュされた画像とファイル
  • パスワード
  • 自動入力フォームのデータ
  • コンテンツの設定
  • ホストされているアプリデータ
  • メディアライセンス

選択し


「データを消去」をクリックしましょう。

これでOKです。

関連記事

目次
閉じる