Google Chrome - インターネットの閲覧履歴データを削除

Google Chromeのインターネットの閲覧履歴を削除する方法を紹介します。

インターネットの閲覧履歴をみると、その人の趣味嗜好や考えていること……などのほとんどのことが分かってしまいます。ちょっと恥ずかしいので、複数人でパソコンを利用する場合には定期的に閲覧履歴データを削除するといいかもしれませんね。

ここではインターネットの閲覧履歴データを削除する方法をみていきます。

Chrome - 閲覧履歴データの削除

それでは実際に削除してみましょう。

Google Chromeを起動し


画面右上の「︙」をクリックします。


すると、このようにメニューが表示されるので

「設定」をクリックします。


設定です。

下のほうにある「詳細設定を表示」をクリックし


すると、詳細設定が表示されるので

プライバシーとセキュリティ項目の「閲覧履歴データを消去する」をクリックします。


すると、「閲覧履歴データを消去する」というポップアップが表示されます。

あるいは! ショートカットキー「Ctrl + Shift + Delete」を押しても上のポップアップが表示されます。

スポンサーリンク

閲覧履歴データの消去

データの消去方法を「基本」「詳細設定」の2つがあるので、順にみていきます。

基本


消去するデータの期間と項目を

  • 閲覧履歴
  • Cookie と他のサイトデータ
  • キャシュされた画像とファイル

選択し


「データを消去」をクリックしましょう。

これでOKです。

詳細設定

次は詳細設定をみていきます。


上部タブ「詳細設定」をクリックしましょう。


消去するデータの期間と項目を

  • 閲覧履歴
  • ダウンロード履歴
  • Cookie と他のサイトデータ
  • キャシュされた画像とファイル
  • パスワード
  • 自動入力フォームのデータ
  • コンテンツの設定
  • ホストされているアプリデータ
  • メディアライセンス

選択し


「データを消去」をクリックしましょう。

これでOKです。

Google Chrome関連の人気記事

  1. Chrome - ブックマークをエクスポート・インポート
  2. Google Chrome のアップデート(更新)とバージョンの確認
  3. Google Chrome - ホームボタンの表示と設定
  4. Chrome ハードウェア・アクセラレーションをオフに(無効に)
  5. Google Chrome - 新しいタブに特定のページを表示 - 拡張機能「New Tab Redirect」
  6. Google Chrome ダウンロードファイルの保存場所の確認・変更
  7. Google Chrome - 拡張機能のアイコンを表示/非表示
  8. Google Chrome - 翻訳ツールの表示設定(オン/オフ)
  9. Google Chrome - 開いてるタブを保存し、再起動時に復元する方法
  10. Chrome拡張機能 - スクロールが必要な縦長WEB画面をキャプチャ - Full Page Screen Capture
  11. Windows10 - Google Chrome のインストール(既定のブラウザ)
  12. Google Chrome タブのメモリを自動解放(メモリ節約)
  13. Google Chrome - 起動時に特定のページ/ページセットを表示
  14. Google Chrome の使い方と設定
  15. Chrome - すべてのブックマークを一括削除

関連記事(一部広告含む)