今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  5. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターを起動する方法

Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可

スポンサーリンク

インターネットからダウンロードしたアプリケーションの実行方法を解説します。

App Store 経由ではなくアプリケーション開発元のホームページからダウンロードしたアプリケーションを起動すると

“アプリ名”は、App Store からダウンロードされたものでないため開けません。
“セキュリティ”環境設定でインストールが許可されているの、App Storeからのアプリケーションのみです。

と怒られる場合があります。セキュリティ面から考慮すると強固なシステムと言えるのかもしれませんが、ユーザーからしてみれば……ちょっと不便ですね。

ということで、ここでは App Store からダウンロードしたいない有用なアプリケーション(ダウンロードしたアプリケーション)を実行する方法を解説します。

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可

それでは設定方法をみていきます。


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「セキュリティとプライバシー」をクリックします。


セキュリティとプライバシーです。

上部タブ「一般」をクリックしましょう。


「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」はグレーアウトされており、変更することができないので

スポンサーリンク

画面左下のカギマークをクリックしましょう。


パスワードを入力し、「ロックを解除」しましょう。


「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」が選択できるようになったら

  • App Store からのアプリケーションのみを許可
  • App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

から「App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択しましょう。


設定を変更したら、カギをクリックします。


これで設定完了です。

ダウンロードしたアプリケーションが実行できるようになります。

アプリを実行し


「開く」をクリックすれば、OKです。

関連記事(一部広告含む)