今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 の使い方と設定
  3. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  4. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  5. iPhone - SIM カードを取り出す方法

Mac - ダウンロードしたアプリケーションの実行許可

スポンサーリンク

Macでダウンロードしたアプリケーション(開発元が不明なアプリケーション)の実行方法を解説します。

「Mac App Store」経由ではなくアプリケーション開発元のホームページからダウンロードしたアプリケーションを起動すると。

download-app-security-00

“アプリ名”は、開発元が未確認のため開けません。

“セキュリティ”環境設定でインストールが許可されているの、Mac App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションのみです。

と怒られる場合があります。セキュリティ面から考慮すると強固なシステムと言えるのかもしれませんが、ユーザーからしてみればはっきり言って不便です。

ということで、ここではMac App Storeが確認していない有用なアプリケーション(ダウンロードしたアプリケーション)を実行する方法を解説します。

スポンサーリンク

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可

download-app-security-01
りんごマークから「システム環境設定」をクリックします。

download-app-security-02
クリックするとシステム環境設定が表示されるので、「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

download-app-security-03
「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」はグレーアウトされており、変更することができません。変更するには左下のカギマークをクリックします。

download-app-security-04
クリックしパスワード認証するとカギが解錠され、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」が選択できるようになります。

次の3つの選択肢から選択できます。

  • Mac App Store からのアプリケーションのみを許可
  • Mac App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可
  • すべてのアプリケーションを許可

ダウンロードしたアプリケーションを実行したいので、「すべてのアプリケーションを許可」を選択します。

download-app-security-05
選択すると「すべてのアプリケーションを許可を選択すると、セキュリティが低下します。」というメッセージが表示されるので、「すべてのアプリケーションを許可」をクリックします。

download-app-security-06
変更できないようにするにはカギをクリックします。

download-app-security-07
これで設定完了です。ダウンロードしたアプリケーションが実行できるようになります。

Control キーを押したままアプリケーションを起動

セキュリティが低下するのはイヤだ!という方は、ダウンロードしたアプリケーションをControl キーを押したまま起動しましょう。

download-app-security-08
Control キーを押したままアプリケーションをクリックするとメニューが表示されるので、「開く」をクリックします。

download-app-security-09
「“アプリ名”の開発元は未確認です。開いてもよろしいですか?」というメッセージが表示されるので、「開く」をクリックします。

これでOKです。

以上、「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」でした~。

スポンサーリンク