Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可

Last Update:

インターネットからダウンロードしたアプリケーションの実行方法を解説します。

App Store 経由ではなくアプリケーション開発元のホームページからダウンロードしたアプリケーションを起動すると

“アプリ名”は、App Store からダウンロードされたものでないため開けません。
“セキュリティ”環境設定でインストールが許可されているの、App Storeからのアプリケーションのみです。

と怒られる場合があります。セキュリティ面から考慮すると強固なシステムと言えるのかもしれませんが、ユーザーからしてみれば……ちょっと不便ですね。

ということで、ここでは App Store からダウンロードしたいない有用なアプリケーション(ダウンロードしたアプリケーション)を実行する方法を解説します。

ダウンロードしたアプリケーションの実行許可

それでは設定方法をみていきます。


アップルメニューの「システム環境設定」をクリックします。


システム環境設定です。

「セキュリティとプライバシー」をクリックします。


セキュリティとプライバシーです。

上部タブ「一般」をクリックしましょう。


「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」はグレーアウトされており、変更することができないので

画面左下のカギマークをクリックしましょう。


パスワードを入力し、「ロックを解除」しましょう。


「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可:」が選択できるようになったら

  • App Store からのアプリケーションのみを許可
  • App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

から「App Store と確認済みの開発元からのアプリケーションを許可」を選択しましょう。


設定を変更したら、カギをクリックします。


これで設定完了です。

ダウンロードしたアプリケーションが実行できるようになります。

アプリを実行し


「開く」をクリックすれば、OKです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  3. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  4. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  7. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  8. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  9. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  10. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  11. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)