MENU

Windows 11 – IME のプライベートモードを設定する(オン/オフ)

Windows 11 の IME のプライベートモードを設定する方法を紹介します。

IME のプライベートモードとは?

IME のプライベートモードとは、一時的に [IME の変換履歴] を無効にする/使わないようにするモードのことです。多くの人の前で(プレゼンなど)、何かしらの文章を入力操作をする場合には、必ず! プライベートモードを有効にしておきましょう。

IME のプライベートモードを有効にする方法は?

IMEのプライベートモードを有効にする方法は次の手順です。

IMEのプライベートモードを有効にする方法
  1. タスクバーの右の方にある [A] あるいは [あ] という、IME アイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックしましょう。
  2. IME メニューが表示されるので、[プライベートモード(オフ)] を選択しましょう。
  3. これで IME のプライベートモードが有効になります。

画像付きの解説は以下の手順をご覧ください。

タスクバーの右の方にある [A] あるいは [あ] という、IME アイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックしましょう。

プライベートモードを設定する

このようにメニューが表示されます。
[プライベートモード(オフ)] を選択しましょう。

プライベートモードが有効に

これでプライベートモードが [有効] になりました。

プライベートモードが有効になると、タスクバーのIMEアイコンに小さい盾みたいなマークが表示されます。

IME のプライベートモードを無効にする方法は?

IME のプライベートモードを無効にする方法は次の手順になります。

タスクバーの右の方にある [A] あるいは [あ] という、IME アイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックしましょう。

プライベートモードを有効にする

このようにメニューが表示されます。
[プライベートモード(オン)] を選択しましょう。

プライベートモードが無効に

これでプライベートモードが [無効] になりました。

プライベートモードが無効になると、タスクバーのIMEアイコンが元に戻ります。

Windows 11の人気記事