MENU

Windows 11 – IMEの入力履歴を使用する/削除する方法

Windows11で、Microsoft IMEの入力履歴を使用する/使用しないを設定する方法、入力履歴が不要になった場合に削除する方法を紹介します。

Microsoft IMEの入力履歴を使用することで、各自の入力履歴にあわせた単語・漢字を即座に変換することができるようになります。

キーボードでの文字入力の速度を大幅に改善するので、特に理由がない場合は [入力履歴を使用する] ように設定しておきましょう。

ただ、誤って入力してしまった履歴を学習してしますので、誤変換してしまう場合は [入力履歴を削除] しておきましょう。

頻繁に使う単語はユーザー辞書に登録しておくことで、対応しましょう。詳しくは、Windows 11 – ユーザー辞書に単語登録する方法をご覧ください

IMEの入力履歴を有効する方法は?

IMEの入力履歴を有効する方法は次の手順です。

タスクバーのIMEアイコンを右クリックする

タスクバーの右下にある [A] あるいは [あ] を右クリックし

IMEメニューの「設定」を選択する

IMEメニューです。[設定] を選択します。

「学習と辞書」を選択する

Microsoft IMEの設定です。[学習と辞書] を選択します。

入力履歴を設定する(オン/オフ)

[入力の精度を高めるために、入力履歴を使用する] の [オン/オフ] を切り替えましょう。

これで設定完了です。まとめると次の手順になります。

IMEの入力履歴を有効にする方法
  1. タスクバーの右の方にある [A] あるいは [あ] という、IMEアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックしましょう。
  2. IMEメニューが表示されるので、[設定] を選択します。
  3. Microsoft IMEの設定の [学習と辞書] を選択します。
  4. [入力の精度を高めるために、入力履歴を使用する] を [オン] にしましょう。
  5. これでIMEの入力履歴が有効になります。

IMEの入力履歴は一時的に無効にすることができます。詳しくは、Windows 11 IME のプライベートモードを設定する方法をご覧ください

IMEの入力履歴を削除する方法は?

IMEの入力履歴を削除する方法は次の手順です。

IMEの入力履歴を削除する方法
  1. タスクバーの右の方にある [A] あるいは [あ] という、IMEアイコンにマウスカーソルをもっていき、右クリックしましょう。
  2. IMEメニューが表示されるので、[設定] を選択します。
  3. Microsoft IMEの設定の [学習と辞書] を選択します。
  4. [入力履歴の消去] をクリックし、[OK]をクリックします。
  5. これでIMEの入力履歴は削除されます。

以下の画像も参考にしてください。

Microsoft IMEの [学習と辞書] 設定です。
[入力履歴の消去] をクリックしましょう。

入力履歴の消去です。
[OK] をクリックし、削除しましょう。

Windows 11の人気記事