MENU

Windows11 ユーザー辞書に単語登録する方法

Windows11のユーザー辞書に単語登録する方法を紹介します。

よく使う単語なんだけど、変換 できない……「名前」や「地名」など。仕方がないので、該当する漢字の音読みや訓読みを使って、その単語を変換する。

あるあるですね。

ということで、本記事ではユーザー辞書に単語を登録する方法を紹介します。単語を登録することで、一発で単語を変換できるようになるので、毎日の時間と労力を節約できますね。

また、ユーザー辞書は「短縮よみ」にも対応しているので、「めーる」と入力すると自分のメールアドレスに変換したり、「よろ」と入力すると「よろしくお願いします。」といった使用方法もできます。

単語を登録する方法

それでは実際に単語を登録してみましょう。

タスクバーの右側にある「あ」、あるいは「A」を右クリックし

「単語の追加」をクリックします。

単語の登録

「単語の登録」ウィンドウが表示されるので、単語登録してみましょう。

①「単語」「よみ」「ユーザーコメント(任意)」を入力しましょう。
②「品詞」を選択し
③「登録」をクリックしましょう。

これで単語登録は完了です。

正しい品詞を選択すると、より高い変換頻度を得られます。
「名詞」「人名」「地名」「短縮よみ」「顔文字」「その他」

短縮よみ

例えば、「短縮よみ」を登録する場合は

①「単語」「よみ」「ユーザーコメント(任意)」を入力しましょう。
②「短縮よみ」を選択し
③「登録」をクリックしましょう。

これで「短縮よみ」が追加されました。

登録した単語の確認

登録した単語を確認してみましょう。

「ユーザー辞書ツール」をクリックすると

ユーザー辞書ツール

ユーザー辞書ツールの「単語の一覧」から登録した単語を確認することができます。

登録した単語を入力・変換

メモ帳などのアプリで、登録した単語を入力・変換してみましょう。

このように変換候補に表示されれば、OKです。

Windowsの設定から単語登録

Windowsの設定から単語登録することもできます。

設定から単語登録
  1. 「スタートボタン」を右クリックし、「設定」をクリックします。
  2. 左メニューの「時刻と言語」を選択し、「言語と地域」を選択します。
  3. 言語の「日本語」の右にある「・・・」をクリックし、「言語のオプション」をクリックします。
  4. キーボードの「Micorosoft IME」の右にある「・・・」をクリックし、「キーボードオプション」をクリックします。
  5. 「学習と辞書」を選択し、「ユーザー辞書ツールを開く」をクリックします。
  6. ユーザー辞書ツールです。上部「編集」タブから「新規登録」をクリックしましょう。
  7. 単語を登録しましょう。