MENU

Windows 11 - プロセスの効率モードを設定する方法(オン/オフ)

Windows 11 のプロセスの効率モードを使用する方法を紹介します。

タスクマネージャーの効率モードは、アイドル状態のバックグラウンドプロセス・アプリなどによるシステムリソース(CPUなど)を制限するようにする機能のことです。効率モードはプロセスの優先順位を下げることで、電力効率を上げてくれます(消費電力を下げます)。

Windows 11 のタスクマネージャーはプロセスの効率モードを手動で設定(オン/オフ)することができるので、ここではその方法をみていきます。

プロセスの効率モードを有効にする方法は?

Windows 11 のプロセスを効率モードにする方法は次の手順です。

  1. [タスクマネージャー] を起動する

    1. [スタートボタン] を右クリックし
    2. [タスクマネージャー] を起動しましょう。
  2. [プロセス] を選択する


    タスクマネージャーです。[プロセス] を選択しましょう。

  3. [アイコン(>)] をクリックし、ツリーを展開する


    効率モードにしたいアプリの [アイコン(>)] をクリックし、ツリーを展開しましょう。

  4. プロセスを [効率モード] にする

    1. プロセスを右クリックし
    2. [効率モード] を選択しましょう。


    [効率モードを有効にする] をクリックします。


    これで効率モードが有効になりました。

    効率モードが有効になっているプロセスには [葉っぱ?] のアイコンが付きます。

これで Windows 11 プロセスの効率モードを有効にする方法の解説は終了です。

プロセスの効率モードを無効にする方法は?

  1. [スタートボタン] を右クリックし、タスクマネージャーを起動します。

  2. タスクマネージャーの [プロセス] をします。

  3. 効率モードにしたいアプリを展開します。

  4. プロセスを右クリックし、[効率モード] を選択しましょう。

  5. これでプロセスの [効率モード] は無効になります。

これで Windows 11 プロセスの効率モードを無効にする方法の解説は終了です。

Windows 11 の人気記事