iPhone - 5G通信を利用する(スマートデータモード)

iPhone の5G通信の利用方法を紹介します。

iPhone12から「5G(第5世代移動通信技術)」に対応しており、高速で大容量な通信が可能となりました。ただし、5G接続時はバッテリーを大量に消費しています。

そのため、iPhone12のデフォルトの設定では、「5G」と「4G」を自動で切り替える「スマートデータモード(5Gオート)」に設定されています。

この設定は変更可能なので、ここではその方法をみていきます。例えば、利用可能なときはいつでも「5G」に接続する!といった設定も可能です。

5Gの設定 - 音声通話とデータ

それでは設定してみましょう。


ホーム画面の「設定」をタップします。


設定です。「モバイル通信」をタップします。

モバイル通信


モバイル通信の設定です。「通信のオプション」をタップします。


「音声通話とデータ」をタップします。

音声通話とデータ - 5Gの設定


デフォルトでは「5Gオート」になっています。

5Gオンでは、バッテリー駆動時間が短くなる可能性がある場合でも、利用可能なときはいつでも5Gが使用されます。

5Gオート(スマートデータモード)では、バッテリー駆動時間が大幅に短くならない場合にのみ5Gが使用されます。


バッテリーを気にしない場合は「5Gオン」に設定しましょう。

関連記事(一部広告含む)