今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法

iPhone - 拡大鏡(ルーペ)の使い方

スポンサーリンク

iPhoneの拡大鏡(ルーペ)の使い方を紹介します。

iPhone には

このような拡大鏡(ルーペ)の機能が搭載されています。

小さい文字が読みにくい方には便利な機能なので、ここではその使い方をみていきます。

拡大鏡(ルーペ)をコントロールセンターに追加

まずはコントロールセンターに「拡大鏡」を追加しましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「コントロールセンター」をタップします。

コントロールセンターの設定です。

「コントロールをカスタマイズ」をタップします。

コントロールセンターに表示されるアイコン(機能)です。

拡大鏡がない場合は

画面を下へスクロールし

「拡大鏡」をタップしましょう。

これで準備完了です。

拡大鏡(ルーペ)の使い方

それでは実際に拡大鏡を使ってみましょう。

画面の左上から下へスワイプすると

スポンサーリンク

コントロールセンターが表示されるので

「拡大鏡」をタップしましょう。

すると、拡大鏡が起動します。

スライドバーを使うと画面を拡大・縮小することができます。

また、「○」をタップすると

画面を静止することができます。

画面をタップするとメニューが表示されるので

静止画を拡大・縮小することもできます。便利!

もう一度「○」をタップすると画面がもとに戻ります。

「カミナリ」アイコンをタップすると

LEDフラッシュライトが点灯します。

「カギ」アイコンをタップすると

焦点が固定されます。

右側のアイコンをタップすると

画像の色味を変更することができます。

関連記事(一部広告含む)