iPhone - スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更

iPhoneのスリープ(自動ロック)するまでの時間を変更する方法を紹介します。


iPhone は、一定時間何も操作しないと自動的にロックされます。ロックするまでの時間はお好みで設定することができます。

YouTubeなどの動画を流しながらパソコンで作業する場合は「自動ロックしないように」、外出中でバッテリー消費をできるだけ節約したい場合は「自動ロックまでの時間を短く変更」した方がいいでしょう。

それでは、自動ロックするまでの時間を変更する方法をみていきます。

スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更

それでは実際に設定してみましょう。


ホーム画面の「設定」をタップします。


設定です。「画面表示と明るさ」をタップします。


画面表示と明るさの設定です。「自動ロック」をタップしましょう。

スポンサーリンク

この例では30秒で自動ロックする設定になっています。


自動ロックは「30秒」「1分」...「4分」「5分」に変更することができます。あるいは自動ロックしないように設定することもできます。

画面を注視しているかどうかを検出します。中止が検出された場合、iPhoneのディスプレイは暗くなりません。


ここでは「なし」をタップしてみました。


設定画面へ戻ると、このように「自動ロック - なし」に変更されていることがわかります。

用途や自分の使いやすいようにカスタマイズしましょう。

設定関連の人気記事

  1. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  2. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  3. iPadの初期設定
  4. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  5. iPhone - スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更
  6. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  7. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  8. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  9. iPhone - Wi-Fi ネットワーク設定の削除・解除 - iPad
  10. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)
  11. iPhone/iPad - iTunesとApp Store のパスワード要求の設定
  12. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  13. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)
  14. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  15. iPhone/iPad - 特定アプリの使用時間を制限(スクリーンタイム)

関連記事(一部広告含む)