今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ
  5. Windows10 - Internet Explorer を使う方法

iPhone/iPad - ホーム画面から標準アプリを消す(非表示に)

スポンサーリンク

ここでは iOS の機能制限を使って、iPhone/iPad のホーム画面から標準アプリを非表示にする方法を紹介します。

機能制限では「Safari」「カメラ」「FaceTime」といった Apple が開発・配布している標準アプリの使用を許可/不許可を設定することができます。

不許可に設定したアプリはホーム画面から消されます。

スポンサーリンク

標準アプリを非表示に

それでは標準アプリを非表示にする方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使って非表示にする方法をみていきますが、iPadでも同じように設定することができます。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-01

ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-02

設定です。

「一般」をタップします。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-03

画面を下へスクロールし

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-04

「機能制限」をタップします。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-05

機能制限です。

「機能制限を設定」をタップします。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-06

すると、機能制限用のパスコードの入力を求められるので、入力しましょう。

このパスコードは通常のパスコードと異なります。忘れないように注意しましょう。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-07

このように許可するアプリや機能のリストが表示されるので

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-08

全部オフにしてみましょう。

iphone-ipad-delete-apple-native-apps-09

すると、このようにホーム画面から標準アプリを非表示にすることができます。

スポンサーリンク