今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  4. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  5. Windows10 の使い方と設定

iPhone/iPad - Appのバックグラウンド更新をオン/オフ

スポンサーリンク

iPhone/iPadで「Appのバックグラウンド更新」をオン/オフにする方法を紹介します。

Appのバックグラウンド更新をオンにすると、Wi-Fi接続(モバイルデータ通信)時にAppがコンテンツをバックグラウンドで更新できるようになります。iOSデバイスのバッテリーを節約したい場合にはオフにしておきましょう。

それでは設定方法をみてみましょう。

Appのバックグラウンド更新をオン

ここではiPadの画面を使って解説します(iPhoneでも同じように設定することができます)。

iphone-ipad-app-background-update-01
iPad ホーム画面の「設定」をタップします。

iphone-ipad-app-background-update-02
すると設定画面が表示されるので、左カラムの「一般」をタップします。

iphone-ipad-app-background-update-03
右カラムを下へスクロールします。

iphone-ipad-app-background-update-04
「Appのバックグラウンド更新」をタップします。

スポンサーリンク

iphone-ipad-app-background-update-05
「Appのバックグラウンド更新」をオンにしましょう。緑色になっていればオンです。

iphone-ipad-app-background-update-06
アプリ単位でバックグラウンド更新のオン/オフを設定することもできます。

次は「Appのバックグラウンド更新」をオフにする方法をみてみましょう。

Appのバックグラウンド更新をオフ

iphone-ipad-app-background-update-07
Appのバックグラウンド更新をタップします。

iphone-ipad-app-background-update-08
すると「すべてのAppがジオフェンスなどの位置情報サービスをバックグラウンドで使用できなくなります。」というポップアップが表示されるので、「Appのバックグラウンド」をタップします。

iphone-ipad-app-background-update-09
これで「Appのバックグラウンド更新」がオフになりました。

関連記事(一部広告含む)