iPhone - iCloudストレージプラン変更 - 容量を増やす - iPad

iCloudのストレージプランを変更し、使用できる容量を増やす(アップグレード)方法を紹介します。

iOSデバイスには、iCloudバックアップ設定をオンにすることで、iPhoneやiPad 自体のデータをバックアップすることができます。

自動でバックアップを取得してくれるので、便利なんですが……徐々にデータ容量が増えてしまいます。

iCloud の容量が足りなくなった場合は作成したiCloudバックアップを削除したり、iCloudにバックアップするアプリ・データを設定(オン/オフ)することで、iCloudの容量を節約することができますが……

それでも容量が足りない!

といったときにはiCloudのストレージプランを変更し、容量を増やすといいでしょう。

iCloudのストレージプランを変更(アップグレード)

それでは実際にiCloudのストレージプランを変更する方法をみていきます。ここでは iPhoneの画面を使って変更していますが、iPadでも同じように変更することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

「Apple ID」をタップします。

Apple ID の設定です。

「iCloud」をタップします。

iCloud の設定です。

「ストレージを管理」をタップすると

このように現在の容量が表示されるので、「ストレージプランを変更」をタップします。

「アップグレードの選択」からお好みプランを選択しましょう。

ここでは「2TB」のプランを選択しています。

変更するプランを選択したら、右上の「購入する」をタップしましょう。

Apple ID の「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。

すると、購入手続きがはじまり

しばらくすると……

確認が必要です
ご購入前に、「続ける」をタップしてお支払情報を確認してください。

「続ける」をタップします。

「セキュリティコード」を入力し、画面右上の「終了」をタップしましょう。

購入しますか?
請求はただちに発生し、プランを変更またはキャンセルするまで毎月請求が発生します。

「購入する」をタップします。

Apple ID の「パスワード」を入力し、「サインイン」をタップします。

ストレージがアップグレードされました

「OK」をタップします。

このようにストレージ容量が増加しています。

設定関連の人気記事

  1. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  2. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  3. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  4. iPadの初期設定
  5. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  6. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  7. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  8. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)
  9. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  10. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  11. iPhone/iPad - iTunesとApp Store のパスワード要求の設定
  12. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)
  13. iPhoneアプリ「Safari」 - 自動入力の設定 - iPad
  14. iPhone - Game Center の通知を消す(オフ) - iPad
  15. iPhone - スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更

関連記事(一部広告含む)