今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  5. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す

iPhone/iPad - メール - Gmail を使う(追加する)方法

スポンサーリンク

iPhone/iPad の「メール」アプリで、Gmailアドレスを使う方法を紹介します。

アプリ「メール」では、Apple の iCloudメールだけではなく Google の Gmail も利用することができるので、ここではその方法をみていきます。

メール - Gmail を使う(追加・設定)

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「パスワードとアカウント」をタップします。

パスワードとアカウントです。

「アカウントを追加」をタップします。

アカウントの追加です。

  • iCloud
  • Exchange
  • Google
  • Yahoo!
  • Aol.
  • Outlook.com
  • その他

「Google」をタップしましょう。

Google への「ログイン」です。

この「iPhone」にメールやその他の Google アカウントデータへのアクセスを許可します。

「メールアドレスまたは電話番号」を入力し、「次へ」をタップします。

ようこそ!

「パスワード」を入力し、「次へ」をタップします。

スポンサーリンク

本人であることの確認
この端末は認識されていません。セキュリティ保護のため、Google では本人であることを確認する必要があります。

確認コードを「メッセージ(SMS)」や「電話」、「メール」で確認する必要があります。

どれでもいいのでお好みで選択しましょう。

※ ここでは「確認コードを取得してください」を選択しています。

すると、メッセージに確認コードが届くので

それを入力し、「次へ」をタップします。

この「iPhone」から Google アカウントデータへのアクセスを許可するデータ(項目)を「オン(緑色)」にし

  • メール
  • 連絡先
  • カレンダー
  • メモ

画面右上の「保存」をタップします。

これで「Gmail」の追加完了です。

アプリ「メール」ををみてみると

このように「Gmail」が追加されています。

関連記事(一部広告含む)