今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  5. Windows10 - アプリ「Sticky Notes(付箋)」を使ってみた

iPhone/iPadアプリ「メモ」 - パスワードロック・解除の使い方

スポンサーリンク

iPhone/iPad のアプリ「メモ」のパスワードロックの使い方を紹介します。

他の人に見られたくないメモは……

このメモはロックされています。

といったようにパスワードでロックすることができます。

なかなか便利な機能なので、ここではアプリ「メモ」のパスワードロック/解除の使い方をみてきます。

ちなみにアプリ「メモ」のパスワードロックは iOS 9.3 から利用可能です。
パスワードでロックされたメモは「iOS 9.3 以降の iPhone/iPad」と「OS El Capitan 10.11.4 以降の Mac」でしか同期されないので、注意が必要です。

アプリ「メモ」パスワードロック

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

ホーム画面から「メモ」を起動しましょう。

メモを適当に編集し

画面右上にある「↑」アイコンをタップします。

すると、画面下にポップアップが表示されるので「メモをロック」をタップします。

パスワードの設定です。

ロックするすべてのメモ用のパスワードを作成します。

次の項目を入力しましょう。

  • パスワード
  • (パスワードの)確認
  • (パスワードの)ヒント

デフォルトでは「Face ID を使用」して、ロックを解除することができます。

重要:このパスワードを忘れてしまうと、ロックされたメモを表示できなくなります。

パスワードの入力・設定をしたら、画面右上の「完了」をタップします。

メモにFace IDの試用を許可しますか?
Face IDを使用して、ロックされたメモを表示および管理します。

スポンサーリンク

「OK」をタップします。

これで「ロックが追加」されました。

ロックされたメモ
ロックされたメモの内容を非表示にするには、ツールバーの鍵のアイコンをクリックするか、デバイスをロックしてください。

「OK」をタップします。

「鍵のアイコン」をタップしてみましょう。

すると、このように「メモがロック」されます。

メモが見たくなったら「メモを表示」をタップし

「Face ID」あるいは「パスワード」の入力を行います。

すると、このように「メモが表示」されます。

パスワードロックの解除

パスワードロックが不要になったら

画面右上の「↑」アイコンをタップし

画面下に表示されるポップアップの「ロックを解除」をタップしましょう。

すると、メモのロックが解除されます。

関連記事(一部広告含む)