iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad

iPhone/iPad で、アクセスを許可するWebサイト(コンテンツ)を設定する方法を紹介します。

デフォルトでは、「無制限アクセス」に設定されていますが「コンテンツを制限」したり「指定したWebサイトのみ」にアクセスを許可することもできるので、ここではその設定方法をみていきます。

アクセスを許可するWebサイトを設定

ここではiPhoneの画面を使って、設定方法を紹介します。iPadでも同じように設定することができます。

それでは実際に設定してみましょう。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

「スクリーンタイム」をタップします。

スクリーンタイムの設定です。

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップしましょう。

コンテンツとプライバシーの制限です。

「コンテンツ制限」をタップしましょう。

コンテンツ制限です。

スポンサーリンク

「Webコンテンツ」をタップします。

WEBコンテンツの制限です。次の3つから選択することができます。

  • 無制限アクセス
  • Webサイトを制限
  • 許可されたWebサイトのみ

デフォルトでは「無制限アクセス」になっています。

「許可されたWebサイトのみ」を選択すると

このようにアクセスできるWebサイトを指定することができます。

アクセスできるWebサイトは下部にある「Webサイトを追加...」から

このように追加することができます。

設定関連の人気記事

  1. iPhone - 信頼できる電話番号を追加・削除する方法
  2. iPhone - アクセスを許可するWebサイトを設定 - スクリーンタイム - iPad
  3. iPadの初期設定
  4. iPhone - タップしてスリープ解除をオン/オフに
  5. iPhone - スリープ(自動ロック)するまでの時間を変更
  6. iPhone - Game Center にサインイン/サインアウト - iPad
  7. iPhone/iPad - システムの終了(電源オフ、シャットダウン)
  8. iPhone - 休止時間を設定し、アプリの使用を制限 - スクリーンタイム - iPad
  9. iPhone - Wi-Fi ネットワーク設定の削除・解除 - iPad
  10. iPhone/iPad - アプリのインストール・削除・課金を禁止(スクリーンタイム)
  11. iPhone/iPad - iTunesとApp Store のパスワード要求の設定
  12. iPhone - Face ID(顔認証)を無効(オフ)にする方法
  13. iPhoneのカメラ - Live Photos をオフに(容量節約)
  14. iPhone - ディスプレイの色を反転する方法 - iPad
  15. iPhone/iPad - 特定アプリの使用時間を制限(スクリーンタイム)

関連記事(一部広告含む)