iPhone - ピクチャ・イン・ピクチャの使い方

iPhone のピクチャ・イン・ピクチャの使い方を紹介します。

ピクチャ・イン・ピクチャとは、ビデオやFaceTimeの画面を見ながら


ホーム画面や他のアプリを使用できる機能のことです。再生中の動画(FaceTime)は小さなウィンドウで表示されます。

iPhone - ピクチャ・イン・ピクチャの使い方

それでは使い方をみていきます。


ビデオ(ここでは「Netflix」)を下からスワイプすると


このように小さなビデオウィンドウで表示されます。


再生や一時停止などの操作はビデオウィンドウで実行することができます(操作はアプリによる)。

ビデオウィンドウの拡大


ビデオウィンドウをピンチアウトすると


画面を大きくすることができます。

ビデオウィンドウの縮小


ピンチクローズすると


ビデオウィンドウを小さくすることができます。

ビデオウィンドウの移動


ビデオ画面はドラッグすると、移動することができます。

ビデオを見ながらアプリを操作


アプリを起動すると、ビデオを見ながらアプリを操作することもできます。

ビデオウィンドウを閉じる


「×」をタップすると、ビデオ画面を閉じることができます。

ビデオウィンドウをフルスクリーンに戻す


右上のアイコンをタップすると、フルスクリーンに戻すことができます。

関連記事(一部広告含む)