今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

iPhone - 緊急SOSの使い方と設定

スポンサーリンク

iPhone の緊急SOSの使い方と設定を紹介します。

緊急SOS を使えば、iPhone がロックされている状態でもササッと警察や救急などに電話することができます。また、登録した緊急連絡先にも知らせることができます。

もしものときのために!

緊急SOSの使い方を覚えておきましょう。また、設定についても合わせて紹介します。

スポンサーリンク

iPhone - 緊急SOSの使い方と設定

それでは実際に使い方と設定をみていきます。

ホーム画面の「設定」をタップします。

設定です。

画面を下へスクロールし

「緊急SOS」をタップします。

ここに使い方が解説されています。

「サイドボタン」と、どちらかの「音量ボタン」を押したままにすると

このように緊急電話をかけることができます。

設定に戻ります。

  • 5回クリックでも作動

をオンにすると、サイドボタンを素早く5回クリックして緊急SOSを作動させることができます。

  • 自動通報

ある特定の地域では、緊急SOSを使用したときに通話先をしてする必要があります。

「ヘルスケアで緊急連絡先を設定」することができます。

緊急SOSは、緊急通報サービスに連絡済みというメッセージを緊急連絡先に送信します。メッセージにはあなたの現在地の情報も含まれます。緊急SOS用の緊急連絡先は「ヘルスケア」Appで設定できます。

  • カウントダウンで音を出す

緊急SOSで、緊急通報サービスへの発信のカウントダウンをしているときに警告音を出します。

上記の設定で……

サイドボタンを5回クリックすると……このように警告音ととともにカウントダウンがはじまります。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)