スタート画面とデスクトップの切り替え - Windows8の使い方

Windows8の「スタート画面」と「デスクトップ」を切り替える方法を紹介します。

Windows8へサインインすると見慣れない画面が。これがWindows8から採用されたユーザーインターフェース(UI)である「Modern UI」です。この画面から「デスクトップ」へ、また「デスクトップ」から「スタート画面」へ切り替える方法を紹介します。

この切り替えがめんどくさい方は「Classic Shell」をインストールし、Windowsへサインインしたときの表示画面を「スタート画面」から「デスクトップ」に変更することもできるので、こちらも合わせてご覧ください。

スタート画面とデスクトップの切り替え

windows8-start-desktop-00
Windowsへサインインします。

スポンサーリンク

windows8-start-desktop-01
サインインすると「スタート画面」が表示されます。この画面が「Modern UI」です。ここからデスクトップへ切り替える方法は2つです。

1. 枠で囲んでいる「デスクトップ」をクリック
2. 「Windowsキー」を押しながら、「Dキー」を押す

windows8-start-desktop-02
見慣れた「デスクトップ」です。ここから「スタート画面」切り替える方法も2つです。

1. マウスカーソルを左下へもっていくと「スタート画面」が表示されるので、これをクリック
2. 「Windowsキー」を押す

基本操作関連の人気記事

  1. Mac - メールボックスのエクスポート(バックアップ)
  2. スタート画面とデスクトップの切り替え - Windows8の使い方
  3. スクリーンショットをキャプチャするショートカットキー - Windows8
  4. Windows8/8.1 - よく使う単語をIMEに登録する
  5. Windows8/8.1 - IMEパッド 読みの分からない漢字を手書き入力
  6. 「ファイル名を指定して実行」を表示 - Windows8
  7. Windows8/8.1 - ショートカットキーの一覧表
  8. Windows 8 の基本操作

関連記事(一部広告含む)