Mac - USBメモリをフォーマット(消去)

Last Update:

MacでUSBメモリをフォーマット(消去)する方法を紹介します。

USBメモリをフォーマット

mac-format-usb-flash-drive-01
まずは、パソコンにUSBメモリを差し込みましょう。


Finderを起動すると、このようにサイドバー(左カラム)にUSBメモリが認識されています。


次にFinderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」から


「ディスクユーティリティ」を起動しましょう。


ディスクユーティリティです。

左カラムに、先ほど挿入したUSBメモリが左カラムに表示されているので、それをクリックします。


すると、USBメモリに関する情報が表示されるので

上部の「消去」をクリックします。


すると、次のようなポップアップが表示されます。

USBメモリを消去しますか?
USBメモリを消去すると、そこに保存されているデータがすべて削除されます。この操作は取り消せません。続けるには、名前を指定しパーティションマップとフォーマットを選択し、消去をクリックしてください。

とのことです。


まずは「フォーマット」を選択しましょう。

  • Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  • Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)
  • exFAT
  • MS-DOS(FAT)

※ USBメモリをWindowsでも使う場合「MS-DOS(FAT)」を選択しましょう。


次にUSBメモリの「名前」を入力し


「方式」を選択します。

特に理由がない場合は「マスター・ブート・レコード」を選んでおけば、OKです。


「消去」をクリックします。


すると、USBメモリの消去がはじまります。


これでUSBメモリの消去(フォーマット)の完了です。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ハードウェア関連の人気記事

  1. Mac - SSD/HDD のディスク容量(使用量)を確認する方法
  2. Mac - メモリ容量(使用量)を確認する方法
  3. Mac - USBメモリをフォーマット(消去)
  4. Mac - USBデバイス・SDカードの接続と認識
  5. Mac - Bluetoothキーボードを接続する方法
  6. Mac - サウンドの出力設定
  7. Mac - 外部ディスクをマウント/アンマウント(マウント解除)
  8. Mac - デジタルカメラで撮影した写真を読み込む
  9. Mac - ハードディスク上のデータ消去
  10. MacBookに外部ディスプレイを接続 - クラムシェルモード
  11. Mac - 復元ディスクの作成 - Macが起動しないときのために
  12. Mac - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーに接続する方法
  13. Mac - Bluetoothのオン/オフ
  14. Mac - モデル(型式)を確認する方法
  15. Mac - ハードディスクのパーティションを追加・削除

関連記事(一部広告含む)