Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可

Mac で、すべてのアプリケーションの実行を許可する方法を紹介します。

macOS Sierra 以降、セキュリティの強化のため? 以前までのバージョンで可能だったインターネット経由でダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可という設定ができなくなりました。

Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可

それでは実際に設定してみましょう。

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-01
上部メニューの「アップル」メニューから「システム環境設定」をクリックします。

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-02
システム環境設定です。

「セキュリティとプライバシー」をクリックします。

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-03
左下の「錠前(カギ)」をクリックすると

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-04
「システム環境設定がセキュリティとプライバシー環境設定をロック解除しようとしています。」というポップアップが表示されるので、「パスワード」を入力しロックを解除しましょう。

スポンサーリンク

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-05
「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」をみてみると

  • App Store
  • App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

という2つの選択肢しかありません。

……ということで、ここではすべてのアプリケーションの実行を許可する方法をみていきます。

すべてのアプリケーションの実行を許可

Finderの「アプリケーション」→「ユーティリティ」からアプリ「ターミナル」を起動し

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-06
次のコマンドを実行します。

sudo spctl --master-disable

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-07
こんな感じで実行します。

sudoコマンドを使っているので、パスワードの入力を求められます。ログイン時のパスワードを入力しましょう。

これで設定完了です。

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-08
もう一度、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」をみてみると

macos-sierra-allow-apps-from-anywhere-09
このように「すべてのアプリケーションを許可」が選択可能になっています。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  9. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  10. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  13. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  14. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)