今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 - アプリのスタートアップを無効にする方法
  5. Outlook メールアドレスの新規登録(作成) - フリーメール

Microsoft Edge のリセットと修復

スポンサーリンク

Microsoft Edge をリセット・修復する方法を紹介します。

Microsoft Edge のリセットと修復

それでは実際に操作してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「アプリ」をクリックします。


アプリと機能の設定です。

画面を下へスクロールし


「Microsof Edge」をクリックし


「詳細オプション」をクリックしましょう。


Microsof Edgeの「詳細オプション」です。

画面を下へスクロールしましょう。

スポンサーリンク

修復

このアプリ(Microsoft Edge)が正しく機能していない場合は、修復を試すことができます。アプリのデータには影響しません。

「修復」をクリックしましょう。


「修復」ボタンに「チェックマーク」が表示されれば、修復の完了です。

リセット

このアプリ(Microsoft Edge)がまだ正しく機能していない場合は、リセットします。閲覧の履歴などのデータは失われますが、お気に入り、保存して閉じたタブ、Cookieは保存されます。

「リセット」をクリックしましょう。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

このデバイス上のアプリのデータが、基本設定とサインインの詳細を含めて完全に削除されます。

「リセット」をクリックしましょう。


「リセット」ボタンに「チェックマーク」が表示されれば、リセットの完了です。

関連記事(一部広告含む)