MENU

Microsoft Edge 効率モードを設定(バッテリー節約)する方法

Microsoft Edgeの効率モードを設定する方法を紹介します。

Microsoft Edgeには、コンピュータのリソース(CPU、メモリ)を節約して、電力消費を抑えるための「効率モード」が用意されています。

デスクトップパソコンとノートパソコンで設定項目が少し異なります。

  • デスクトップパソコンの場合
    オン/オフを切り替えることができます。
  • ノートパソコンの場合
    「電源に接続されている」「バッテリー残量の低下」で効率モードのオン/オフを切り替えることができます。

※ ここではノートパソコンの場合に「効率モード」を設定する方法をみていきます。

それでは実際に設定してみましょう。

効率モードの設定

Microsoft Edgeを起動し

画面の右上にある「・・・」をクリックしましょう。

表示されたメニューの「設定」をクリックします。

Microsoft Edgeの設定

Microsoft Edgeの設定です。
左メニューの「システムとパフォーマンス」を選択しましょう。

パフォーマンスの最適化

パフォーマンスの最適化の「効率モードをオンにする場合」を設定しましょう。

効率モードをオンにする場合

効率モードを次の場合にオンにすることができます。

  • (電源に)接続されていない、バッテリー残量低下
  • (電源に)接続されていない
  • 常に表示
  • なし

例えば「接続されていない、バッテリー残量低下」を選択すると、パソコンが電源に接続されておらず、バッテリーが残量が低下した場合に「効率モード」がオンになります。

ツールバーで効率モードを設定

効率モードはツールバーで設定することもできます。

画面の右上にある「・・・」をクリックしましょう。

表示されたメニューの「設定」をクリックします。

ツールバーのパフォーマンス

すると、ツールバーにパフォーマンスが表示されるので

効率モードの設定

効率モードを設定しましょう。

パフォーマンスの右にある「・・・」をクリックし

ツールバーに「パフォーマンス」ボタンを表示

「ツールバーの[パフォーマンス]ボタンを表示する」を選択すると

ツールバーに[パフォーマンス]ボタンを常に表示することができます。

※ ノートパソコンをお使いの方で、効率モードを頻繁に使用する場合はツールバーにボタンを表示しておきましょう。

Microsoft Edgeの使い方

Microsoft Edgeの使い方と設定はこちらをご覧ください。

Microsoft Edge の人気記事