Windows10 - ごみ箱を自動削除する期間を設定(変更)

Last Update:

Windows10 のごみ箱を自動削除する期間を設定(変更)する方法を紹介します。

Windows10では、ごみ箱にファイルを移動してから一定の期間が過ぎたファイルを削除することができるので、ここではその設定方法をみていきます。

Windows10 - ごみ箱を自動削除する期間を設定(変更)

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「システム」をクリックしましょう。


システムの設定です。

左メニューの「ストレージ」をクリックします。


ストレージの設定です。

「ストレージセンサーを構成するか、今すぐ実行する」をクリックしましょう。


「ごみ箱に移動してから次の期間が過ぎたファイルを削除する」というところをクリックし

  • 許可しない
  • 1日
  • 14日
  • 30日(デフォルト)
  • 60日

からお好みで選択してみましょう。


ここでは「14日」を選択してみました。

ディスク容量に余裕がある、あるいはごみ箱に移動したファイルをよく元に戻す方は……


「許可しない」を選択しておくといいでしょう。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. Windows10 - ローカルグループポリシーエディターの起動
  2. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認
  3. Windows10 - タスクマネージャーを起動する方法
  4. Windows10 - 仮想メモリの設定・サイズ変更(カスタマイズ)
  5. Windows10 - 「デバイスのセットアップを完了しましょう」を無効に
  6. Windows10 をパフォーマンス優先に(軽く)する方法
  7. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  8. Windows10の初期設定 - 初心者向けのセットアップ
  9. Windows10 - デスクトップに「シャットダウン」ショートカットを作成
  10. Windows10 のパフォーマンスを確認・表示(CPU、メモリ、ディスク)
  11. Windows10 - グラフィックの設定(アプリごとに使用するGPUを選択)
  12. Windows10 - NTPサーバーの変更 - インターネット時刻
  13. Windows10 - ボリューム(パーティション)を拡張する方法
  14. Windows10 - アニメーションを無効にする(オン/オフ)方法
  15. Windows10 - バージョン情報とOSビルドを確認 - winverコマンド

関連記事(一部広告含む)