今日の人気記事

  1. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 の使い方と設定
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - PCを初期状態に戻す(初期化) - すべてのファイルを削除

Windows10 - ごみ箱にファイルを移動しない - ファイル削除

スポンサーリンク

Windows10 で、ファイルやフォルダーをごみ箱に移動しないで、削除と同時に消去する設定方法を紹介します。

Windows では、ファイル・フォルダーを削除すると「ごみ箱へ移動」します。

実際に削除したファイル・フォルダーを完全に消去する場合は「ごみ箱を空にする」という作業が別途必要になります。

これらの作業がめんどくさい、あるいはごみ箱へ移動したファイルを再度利用したことがない方は「ごみ箱にファイルを移動しない」ように設定しましょう。

ただし! 誤ってファイル・フォルダーを削除した場合も「削除と同時に消去」されるので、注意が必要です。

ごみ箱にファイルを移動しない

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-1
デスクトップ上にある「ごみ箱」アイコンにマウスカーソルをもっていき

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-2
右クリックすると、このようにメニューが表示されるので、その中から「プロパティ」をクリックします。

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-3
クリックすると「ごみ箱のプロパティ」が表示されます。

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-4
「選択した場所の設定」というところにある次の項目を選択します。

スポンサーリンク
  • ごみ箱にファイルを移動しないで、削除と同時にファイルを消去する

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-5
選択したら「OK」をクリックしましょう。

これで削除したファイル・フォルダーはごみ箱に移動せずに完全に削除されます。

実際にファイルを削除してみましょう。

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-6
「ABC」というファイルを

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-7
削除し

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-8
ごみ箱をみてみると、このようにごみ箱は空のままになります。

windows-10-do-not-move-files-to-recycle-bin-9
「ごみ箱にファイルを移動しない」ように設定した場合、ごみ箱が不要になるので、デスクトップから非表示にするといいかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む)