Windows10 - ごみ箱のファイルを元の場所へ戻す(復元)

Windows10 の ごみ箱の中にあるファイルやフォルダーを元の場所へ戻す(復元)方法を紹介します。

ごみ箱のファイルを元の場所へ戻す(復元)

ここでは次の順で、削除した(ごみ箱の)ファイルを元の場所へ戻す方法をみていきます。

  1. ファイル削除
  2. ファイルの復元
  3. 復元したファイルの確認

windows-10-restore-all-selected-items-1
エクスプローラーを起動し

windows-10-restore-all-selected-items-2
削除するファイルのあるフォルダーへ移動しましょう。

ここではフォルダー「ドキュメント」へ移動します。

windows-10-restore-all-selected-items-3
ファイルを削除しましょう。

windows-10-restore-all-selected-items-4
これでファイルが削除できましたね。

デスクトップに戻り

windows-10-restore-all-selected-items-5

「ごみ箱」アイコンをダブルクリックします。

windows-10-restore-all-selected-items-6
すると、「ごみ箱ツール」というウィンドウが表示されるので

windows-10-restore-all-selected-items-7
削除するファイルを選択し

windows-10-restore-all-selected-items-8
上部メニューの「管理」をクリックします。

windows-10-restore-all-selected-items-9
クリックすると、このようにリボン(サブメニュー)が表示されるので

windows-10-restore-all-selected-items-10
復元というところのどちらかをクリックします。

  • すべての項目を元に戻す
  • 選択した項目を元に戻す

windows-10-restore-all-selected-items-11
ここでは選択したファイルを元の場所に戻したいので、「選択した項目を元に戻す」をクリックします。

windows-10-restore-all-selected-items-12
復元したファイルはごみ箱からなくります。

これでファイルの復元完了です。

windows-10-restore-all-selected-items-13
元の場所(フォルダー)を確認してみると、このようにファイルが復元されています。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

エクスプローラー関連の人気記事

  1. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  2. Windows10 - 画像ファイルをサムネイル表示/アイコン表示に
  3. Windows10 エクスプローラーの履歴を消去- 最近使用したファイル・フォルダを削除
  4. Windows10 - エクスプローラーの使い方まとめ
  5. Windows10 - よく使うフォルダ・ファイルを表示/非表示 - クイックアクセス
  6. Windows10 - ファイル・フォルダーのフルパスをコピー
  7. Windows10 - 表示レイアウトの変更 - エクスプローラー
  8. Windows10 - フォルダーをピン留め/はずす - クイックアクセス
  9. Windows10 - ファイル・フォルダーを完全に削除
  10. Windows10 - エクスプローラーの起動フォルダーを変更 - クイックアクセス
  11. Windows10 - エクスプローラーの詳細表示の項目を設定
  12. Windows10 - フォルダーの表示をリセット - 既定(デフォルト)に
  13. Windows10 - 新しいフォルダーの作成 - エクスプローラー
  14. Windows10 - フォルダー・ファイルの名前を変更
  15. Windows10 - ファイルを削除する際に確認メッセージを表示

関連記事(一部広告含む)