今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  4. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

Windows10 - バッテリーの使用状況と節約機能

スポンサーリンク

Windows10 のバッテリー使用状況と節約機能を紹介します。

ここでは、バッテリーの使用状況(充電状況)や節約機能の設定を確認していきます。外出時にバッテリーがなくなると作業ができなくなるので、節約機能の設定をしっかりと確認しておきましょう。

節約機能の設定では、バッテリー残量によって節約機能の「オン/オフ」にする設定や節約機能が「オン」の場合にアプリケーションの通知の可否や画面の明るさを下げるといった設定を行うことができます。

バッテリーの使用状況と節約機能

それではバッテリーの使用状況と節約機能をみていきます。

スポンサーリンク

windows-10-battery-level-use-saver-01
スタートメニューの「設定」をクリックします。

windows-10-battery-level-use-saver-02
クリックすると「設定」ウィンドウが表示されるので、「システム」をクリックします。

windows-10-battery-level-use-saver-03
左メニューの「バッテリー節約機能」をクリックします。

windows-10-battery-level-use-saver-04
バッテリー節約機能です。概要のところで「バッテリーレベル」を確認することができます。

この例では「バッテリーレベル 100%、バッテリーは完全に充電されています。」とのことです。

windows-10-battery-level-use-saver-05
「バッテリーの使用状況」をクリックすると

windows-10-battery-level-use-saver-06
指定した期間のすべてのアプリのバッテリー使用状況が表示されます。

期間は次の3つから選ぶことができます。

  • 24時間
  • 48時間
  • 1週間

windows-10-battery-level-use-saver-07
前のページに戻りましょう。画面左上の「←」をクリックします。

windows-10-battery-level-use-saver-08
バッテリー節約機能の現在の状態を確認することができます。現在は「オフ」です。

windows-10-battery-level-use-saver-09
パソコンをコンセントに接続している充電中(給電中)は、バッテリー節約機能はオフになります。バッテリー残量が 20% 未満になると自動的にオンになります。

設定を変更する場合は「バッテリー節約機能の設定」をクリックします。

windows-10-battery-level-use-saver-10
バッテリー節約機能の設定です。チェックを入れる/はずす(オン/オフ)で設定を行いましょう。

  • バッテリー残量が次の数値を下回ったときにバッテリー節約機能を自動的にオンにする
    (数値はスライドバーで変更できます)
  • バッテリー節約機能がオンの時も、すべてのアプリケーションからのプッシュ通知を許可する
  • バッテリー節約機能がオンのときは画面の明るさを下げる
スポンサーリンク

関連記事と広告