今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  3. Windows10 - 新規ローカルアカウントの作成
  4. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  5. Windows10 - 32ビット版か64ビット版かを確認

Windows10 - Windows Defender コア分離のメモリ整合性(オン/オフ)

スポンサーリンク

Windows10 のセキュリティーアプリ「Windows Defender」のデバイスセキュリティの設定方法を紹介します。

コア分離のメモリ整合性を「オン」にすると……

攻撃によって悪意のあるコードが高セキュリティ プロセスに挿入されるのを防ぎます。

Windows Defender - デバイスセキュリティ コア分離 - メモリ整合性(オン/オフ)

それでは実際に設定をみてみましょう。


スタートメニューから「Windows Defernder セキュリティ センター」を起動します。


「Windows Defernder セキュリティ センター」です。

「デバイス セキュリティ」をクリックします。


デバイスセキュリティです。

コア分離
お使いのデバイスの中核部分を保護するために仮想化ベースのセキュリティが実行されます。


「コア分離の詳細」をクリックします。


コア分離です。

攻撃によって悪意のあるコードが高セキュリティ プロセスに挿入されるのを防ぎます。


メモリ整合性を「オン」にしましょう。

スポンサーリンク


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックしましょう。


これでメモリ整合性が「オン」になりました。

メモリ整合性を「オフ」に

メモリ整合性を「オフ」にしてみましょう。

メモリ整合性を「オン」にしたばかりの場合は!


コンピューターを再起動する必要があります。


Windows Defernder のメモリ整合性を「オフ」にしましょう。


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックしましょう。


デバイス保護の変更を適用するために「再起動」しましょう。


これでメモリ整合性が「オフ」になります。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)