MENU

Windows 10 - 「ウイルスと脅威の防止」を設定する(オン/オフ) - Windowsセキュリティ

Windows10 の Windows セキュリティ「ウイルスと脅威の防止」を設定する方法(オン/オフ)を紹介します。

Windows セキュリティ「ウイルスと脅威の防止」を無効/有効に

それでは実際に無効/有効にしてみましょう。


スタートメニューから「Windows セキュリティ」を起動します。

Windowsセキュリティ


Windows セキュリティです。

「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

ウイルスと脅威の防止


ウイルスと脅威の防止です。

ウイルスと脅威の防止の設定の「設定の管理」をクリックしましょう。

リアルタイム保護をオフにする


ウイルスと脅威の防止の設定です。

  • リアルタイム保護

を「オフ」にしましょう。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

ユーザーアカウント制御
このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?

「はい」をクリックしましょう。


これで「オフ」になりました。


左メニューの「ホーム」をクリックすると


これで「ウイルスと脅威の防止」を無効になったことを確認することができます。

リアルタイム保護をオンにする

Windows セキュリティ「ウイルスと脅威の防止」を有効にしてみましょう。


セキュリティの概要から「有効にする」をクリックしましょう。


すると、ポップアップ「ユーザーアカウント制御」が表示されるので

「はい」をクリックしましょう。


これで「ウイルスと脅威の防止」が有効になりました。

関連記事

Windows セキュリティの使い方や設定はこちらをご覧ください。

その他の Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

Windows 10 の人気記事