MENU

Windows10 – 一時ファイルを削除する方法

Windows 10 の一時ファイルを削除する方法を紹介します。

一時ファイルの削除

ここではアプリなどで利用される一時ファイル、Windows Update のログ、ダウンロードフォルダー、ごみ箱のファイルを削除し、ストレージの空き容量を増やす方法をみていきます。

それでは実際に一時ファイルを削除してみましょう。

スタートボタンをクリック


スタートボタンをクリックし

スタートメニュー→Windowsの設定


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定→システム


Windowsの設定です。「システム」をクリックします。


システムの設定です。左メニューの「記憶域」をクリックします。

記憶域


記憶域です。「一時ファイル」をクリックしましょう。

一時ファイル


すると、一時ファイルのスキャンがはじまります。


スキャンが終わると、次のようなさ項目が表示さるので、削除する項目を選択しましょう。

  • ダウンロード
  • Windows Update のクリーンアップ
  • Windows アップグレード ログ ファイル
  • 配信の最適化ファイル
  • ……
  • ごみ箱

一時ファイルの削除


削除する項目を選択したら、「ファイルの削除」をクリックしましょう。


すると、クリーンアップがはじまります。


しばらくすると、このように一時ファイルが削除されます。

ディスクのクリーンアップ

「ダウンロードされたプログラムファイル」「インターネット一時ファイル」……といったユーザーが普段触らないファイルを削除する方法はこちらをご覧ください。

高速化(動作が重い場合の対処)

一時ファイルを削除することで、Windows 10 のパーフォマンスが向上します。Windows 10 には、さらなるパフォーマンス向上の可能性があるので、こちらを参考に高速化を試みてみましょう。

Windows10の使い方

関連記事