Windows10 - 一時ファイルを削除する方法

Last Update:

Windows 10 の一時ファイルを削除する方法を紹介します。

一時ファイルの削除

ここではアプリなどで利用される一時ファイル、Windows Update のログ、ダウンロードフォルダー、ごみ箱のファイルを削除し、ストレージの空き容量を増やす方法をみていきます。

それでは実際に一時ファイルを削除してみましょう。

スタートボタンをクリック


スタートボタンをクリックし

スタートメニュー→Windowsの設定


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。

Windowsの設定→システム


Windowsの設定です。「システム」をクリックします。


システムの設定です。左メニューの「記憶域」をクリックします。

記憶域


記憶域です。「一時ファイル」をクリックしましょう。

削除する一時ファイルを選択します

一時ファイル


すると、一時ファイルのスキャンがはじまります。


スキャンが終わると、次のようなさまざまな項目が表示されます。

ディスク容量を解放するために完全に削除する項目を選択してください。

  • ダウンロード
  • Windows Update のクリーンアップ
  • Windows アップグレード ログ ファイル
  • 配信の最適化ファイル
  • ……
  • ごみ箱

一時ファイルの削除


削除する項目を選択したら、「ファイルの削除」をクリックしましょう。


すると、クリーンアップがはじまります。


しばらくすると、このように一時ファイルが削除されます。

Windows10の使い方や設定

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

ハードウェア関連の人気記事

  1. Windows10 - 回復パーティションの削除(DiskPart)
  2. Windows10 - ハードディスクの空き容量と用途を確認
  3. Windows10 - マウス使用時にタッチパッドを無効に
  4. Windows10 - 高速スタートアップを有効/無効に
  5. Windows10 - ディスクのクリーンアップ - 不要ファイルの削除
  6. Windows10 - マウスの設定 - 主ボタン・スクロール速度・ポインター
  7. Windows10 - BitLocker を無効に - ディスクの暗号化を解除
  8. Windows10 - Bluetooth の設定(オン/オフ)
  9. Windows10 - キーボードで絵文字・顔文字を入力する
  10. Windows10 - 一時ファイルを削除する方法
  11. Windows10 - Bluetooth(ワイヤレス)スピーカーを接続する方法
  12. Windows10 - ディスプレイの明るさ - 自動輝度調整のオン/オフ
  13. Windows10 - MBRディスク ⇔ GPTディスクに変換(変更)
  14. Windows10 - ドライブのデフラグ(ディスクの最適化)
  15. Windows10 - 新しいシンプルボリューム(パーティション)を追加・作成する方法

関連記事(一部広告含む)