今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - ディスプレイの明るさを調節(変更)

Windows10 - Windows Hello(生体顔認証)を設定・登録する方法

スポンサーリンク

Windows10 の Windows Hello(生体顔認証)を設定・登録する方法を紹介します。

Windows Hello(生体顔認証)とは

顔を登録しておくことで、パスワードを利用しなくてもパソコンに顔を向けるだけで(パスワードを入力しなくでも)、パソコンのスリープを解除したり、買い物をしたりすることのできる機能のことです。

便利な機能なので、設定・登録しておきましょう。

Windows10 - Windows Hello(生体顔認証)の設定

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「アカウント」をクリックします。


アカウントの設定です。

左メニューの「サインイン オプション」をクリックします。

Windows Hello
あなたを認識するように Windows に学習させることで、Windows、アプリ、サービスにサインインします。


顔認識を「セットアップ」しましょう。


Windows Hello のセットアップです。

Windows Hello へようこそ
デバイスを自分専用に設定しましょう。複雑なパスワードを入力しなくても、Windows Hello を使えば、顔認証によってデバイスのロックを解除したり、本人確認を行ったり、ストアで買い物をしたりできます。

スポンサーリンク


「開始する」をクリックします。


PIN(あるいはパスワード)を入力し、ユーザー認証をしましょう。


すると、カメラが起動し顔の登録がはじまります。


すべて完了しました。

次回デバイスのロックを解除するときは、顔認証を使うことができます。

ヒント:メガネをかけたまま Windows Hello を設定した場合は「認識精度を高める」を選んで、メガネを外した状態でもう一度セットアップを実行してください。これを行うと、眼鏡の有無にかかわらずあなたを認識できるようになります。

とのこです。

必要であれば「精度を高める」をクリックしましょう。

必要なければ「閉じる」をクリックします。


これで「生体顔認証」の設定・登録は完了です。

関連記事(一部広告含む)