MENU

Windows10 – Windows Hello(生体顔認証)の認識精度を高める

Windows10 の Windows Hello(生体顔認証)の認識精度を高める方法を紹介します。

生体顔認証をWindows Hello(生体顔認証)を設定・登録した後でも、「メガネをかける」といった普段と異なるバージョンでも顔認識できるように認識精度を高めることができるので、ここではその方法をみていきます。

目次

Windows10 – Windows Hello(生体顔認証)の認識精度を高める

それでは実際に設定してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windowsの設定です。

「アカウント」をクリックします。


アカウントの設定です。

左メニューの「サインインオプション」をクリックしましょう。


サインインオプションです。

Windows Hello
あなたを認識するように Windows に学習させることで、Windows、アプリ、サービスにサインインします。


顔認識の「認識精度を高める」をクリックします。


すると、「Windows Hello セットアップ」ウィンドウが表示されるので

「開始する」をクリックします。


Windows セキュリティです。

「PIN(パスワード)」を入力し、ユーザー認証を行います。


すると、内蔵カメラが起動し、顔認識がはじまります。

カメラをまっすぐ見続けましょう。


「閉じる」をクリックします。


これで設定完了です。

顔認識の認識精度が高まりました。

関連記事

目次
閉じる