MENU

Windows10 – 完全シャットダウンを実行する方法

Windows10を完全にシャットダウンする方法を紹介します。

通常のシャットダウンと完全シャットダウン

「通常のシャットダウン」では、シャットダウンするときに一部のシステム情報が保存されています(これにより次回の起動を高速にしてくれます)。また、一部の周辺デバイスに通電されたままになっています。

「完全シャットダウン」では、システム情報を保存せずに、一部のデバイスへの通電がなくなるので、PCの設定や周辺デバイスの設定変更を安全に行うことができます。

パソコンの調子が悪い場合に通常のシャットダウンを行うと、次回起動時も調子が悪いままになることがあります。また、周辺デバイスを変更した場合に不具合が生じる場合があります。そんなときは「完全シャットダウン」を実行してみるといいでしょう。

それでは実際に完全シャットダウンする方法をみていきます。

スタートメニュー


スタートメニューの「電源」アイコンをクリックし


「Shift」キーを押しながら「再起動」をクリックします。


すると、「オプションの選択」が表示されるので、「PCの電源を切る」をクリックしましょう。

これで完全シャットダウンが実行されます。

Windowsの設定


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックしましょう。


Windowsの設定です。「更新とセキュリティ」をクリックします。


左メニューの「回復」をクリックします。


「今すぐ再起動する」をクリックします。


すると、「オプションの選択」が表示されるので、「PCの電源を切る」をクリックしましょう。

これで完全シャットダウンが実行されます。

コマンドプロンプト(管理者)

まずは管理者権限のコマンドプロンプトを起動しましょう。


①検索ボックスに「cmd」と入力、②コマンドプロンプトを右クリックし、③「管理者として実行」をクリックします。


ユーザーアカウント制御です。「はい」をクリックします。


コマンドプロンプトです。次のコマンドを実行しましょう。

shutdown /s /f /t 0

これで完全シャットダウンが実行されます。

常に完全シャットダウンする


①検索ボックスに「cont」と入力し、②「コントロールパネル」を起動しましょう。


コントロールパネルです。「ハードウェアとサウンド」をクリックします。


「電源ボタンの動作の変更」をクリックします。


「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックし


①「高速スタートアップを有効にする」からチェックをはずし、②「変更の保存」をクリックしましょう。

これで常に完全シャットダウンされるようになります。

通常のシャットダウン

Windows10の使い方と設定

関連記事