Windows10 - Microsoft IME 入力履歴の使用と削除

Last Update:

Windows10 で IMEの予測入力に入力履歴を使用する/使用しないように設定する方法とそれらの履歴を削除する方法を紹介します。

入力履歴を「IMEの予測入力」を使用すると辞書にないような言葉や頻繁に入力する言葉をササッと変換することができるようになります。

ただ、プロジェクターを使ったプレゼンや人の前で、IMEを使った入力作業をするときには、注意しましょう!

普段使用している入力候補が他の人に見えてしまうので、「入力履歴を使用しない」ように設定しておいたほうがいいかもしれませんね。

IMEの予測入力 - 入力履歴の使用と削除

それではIMEの入力履歴の使用と削除方法をみていきます。


タスクバーのフォームに


「ime」と入力し


「日本語 IME の設定」をクリックしましょう。


Microsoft IME の設定です。「学習と辞書」をクリックしましょう。


学習と辞書の設定です。

  • 入力精度を高めるために、入力履歴を使用する

オン/オフを切り替えましょう。

入力履歴の消去(削除)


「入力履歴を消去」をクリックすると


次のポップアップが表示されるので

入力履歴の消去
この操作により、入力履歴が消去されます。入力履歴に含まれる単語は表示されなくなります。
入力履歴を消去しますか


「OK」をクリックしましょう。

これで入力履歴は削除されます。

Microsoft IMEの使い方

Windows10の使い方

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

IME関連の人気記事

  1. Windows10 - IMEの予測入力の使用(有効/無効)と設定
  2. Windows10 - よく使う単語の追加(登録) - Microsoft IME
  3. Windows10 - 以前のバージョンの Microsoft IME を使う
  4. Windows10 - Microsoft IME 入力履歴の使用と削除
  5. Windows10 - IMEツールバーの表示/非表示 - 言語バー
  6. Windows10 - IME「かな入力」を有効に(オン/オフ)
  7. Windows10 - IMEのプライベートモードを有効に(オン/オフ)
  8. Windows10 - Microsoft IME のキー設定を変更する
  9. Windows10 - IMEでの入力オートコレクトの設定
  10. Windows10 - Microsoft IME 辞書を修復する
  11. Windows10 - IME入力モード切替の画面中央の通知(オン/オフ)
  12. Windows10 - Microsoft IME の設定を既定値(デフォルト)に戻す
  13. Windows10 - スペルのわからない英単語を調べる(入力) - IME
  14. Windows10 - Microsoft IME - 学習情報をファイルに保存・削除
  15. Windows10 - IME のクラウド候補機能を使用

関連記事(一部広告含む)