Windows10 - アプリ「Microsoft To Do」を使ってみた

Windows10のアプリ「Microsoft To Do」を使ってみたので、その使い方を紹介します。

Microsoft To Do

アプリ「Microsoft To Do」は、Microsoftが開発・配布しているタスク管理(To Do)アプリケーションです。


このようにシンプルな「To Do」アプリで、Microsoftアカウントを使って他のデバイスと同期することもできます。

タスクには「期日」「通知」「繰り返し(毎日など)」を設定することができます。

Microsoft To Doの使い方

それでは実際に使ってみましょう。


スタートメニューからアプリ「Microsoft To Do」を起動しましょう。

Micrisoft To Do へようこそ


「サインイン」をクリックします。

サインイン


Microsoftアカウントへのサインインです。①使用するアカウントを選択し、②「続行」をクリックします。


①「パスワード」を入力し、②「サインイン」しましょう。

タスクバーにピン留め


アプリ「Microsoft To Do」をタスクバーにピン留めしますか?「はい」「いいえ」のどちらかを選択しましょう。

Microsoft To Do


Microsoft To Doです。「タスクの追加」をクリックしましょう。

タスクの追加


タスクを入力し(ここでは「宿題」)

タスクのオプション


必要であればオプションを設定しましょう。

  • Tasks, リストの選択
    タスクのリストを選択
  • 期限日の追加
    タスクの期日を追加
  • 通知する
    通知する時間を設定
  • 繰り返し
    タスクを特定の頻度(例えば、毎日)で繰り返し

期日の追加


例えば、「期日を追加」をクリックすると


タスクの期日を選択することができます。

タスクの入力とオプションを設定したらEnterキーを押しましょう。


これでタスク(To Do)の追加完了です。

タスクの完了

タスクが完了したら


完了したタスクをクリックしましょう。


すると、タスクにチェックが入り、完了済みのタスクにカテゴライズされます。

Windows10 の使い方と設定

関連記事(一部広告含む)

Exit mobile version