MENU

Windows10をセーフモードで起動する方法

Windows10 をセーフモードで起動する方法を紹介します。

セーフモード

なんだか……パソコンの挙動がおかしくなった!

そんな場合は、Windows10 をセーフモードで起動し、直近でインストールしたアプリやデバイス・ドライバなどを削除してみるといいかもしれません。

msconfig(システム構成)からセーフモードで起動

それでは実際にセーフモードで起動してみましょう。


タスクバーのフォームに「msconfig」と入力し


「システム構成」を起動しましょう。


システム構成です。上部タブメニュー「ブート」をクリックします。

「セーフブート」にチェックを入れ


必要であれば、オプションを選択し

  • 最小
  • 代替シェル
  • Active Directory 修復
  • ネットワーク

「OK」をクリックします。


すると、次のようなポップアップが表示されるので、「再起動」をクリックします。

システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。再起動の前に、開いているファイルをすべて保存し、すべてのプログラムを閉じてください。


すると、コンピュータが再起動します。


再起動後、サインインすると


このように「セーフモード」で起動します。

通常起動に戻す

セーフモードを通常の起動に戻しましょう。

ショートカットキー「Win + R」を押すと


「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されます。

ファイル名を指定して実行に「msconfig」と入力し


「OK」をクリックします。


システム構成です。

上部タブメニュー「ブート」をクリックします。

「セーフブート」からチェックをはずし


「OK」をクリックします。


「再起動」をクリックします。

再起動後、通常起動に戻ります。

Windowsの設定からセーフモードで起動

それでは実際にセーフモードで起動してみましょう。


スタートメニューの「歯車」アイコンをクリックします。


Windows の設定です。

「更新とセキュリティ」をクリックしましょう。


左メニューの「回復」をクリックします。


回復です。

「PC の起動をカスタマイズする」というところの

「今すぐ再起動」をクリックしましょう。


すると、このようなブルーの画面が表示されます。

「トラブルシューティング」をクリックしましょう。


「詳細オプション」をクリックします。


「スタートアップ設定」をクリックします。


「再起動」をクリックします。


状況に応じて、次の3つからセーフモードを選択しましょう。

  • セーフモードを有効にする
  • セーフモードとネットワークを有効にする
  • セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする

ファンクションキー(F4、F5、F6)で選択します。

※ ここでは「F4」キーを押しました。


すると、このようにパソコンが再起動し


Windows10がセーフモードで起動します。


パソコンを「再起動」すると、普通のWindows10が起動します。

サインイン画面からセーフモードで起動

それでは実際にセーフモードで起動してみましょう。


「shift」キーを押しながら

画面右下の「電源」アイコンをクリックし


「再起動」をクリックします。

ここで押しっぱなしていた「shift」キーを離します。


すると、「オプションの選択」画面が表示されるので

「トラブルシューティング」をクリックします。


トラブルシューティングです。

「詳細オプション」をクリックします。


「スタートアップ設定」をクリックします。


「再起動」をクリックします。


状況に応じて、次の3つからセーフモードを選択しましょう。

  • セーフモードを有効にする
  • セーフモードとネットワークを有効にする
  • セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする

ファンクションキー(F4、F5、F6)で選択します。

※ ここでは「F5」キーを押しました。


すると、このようにパソコンが再起動します。


ここでサインインすると


Windows10がセーフモードで起動します。

パソコンを「再起動」すると、普通のWindows10が起動します。

クリーンブート

クリーンブートとは、最小限のドライバー・サービス・スタートアッププログラムにした状態でWindowsを起動することをいいます。バックグラウンドで実行しているサービスやプログラムが他のプログラムに干渉(悪さ)していないかを検証する場合はこちらを参考に「クリーンブート」してみましょう。

Windows10の使い方

関連記事