今日の人気記事

  1. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - Windows Update 更新プログラムのチェック(手動)

Windows10 をセーフモードで起動する(msconfig)

スポンサーリンク

Windows10 をセーフモードで起動する方法を紹介します。

ここでは msconfigコマンド(システム構成)を使って、セーフモードで起動する方法をみていきます。

Windows10 をセーフモードで起動する(msconfig)

それでは実際にセーフモードで起動してみましょう。


タスクバーのフォームに

msconfig」と入力し


「システム構成」を起動しましょう。


システム構成です。

上部タブメニュー「ブート」をクリックします。

  • セーフブート

にチェックを入れ


必要であれば、オプションを選択し

  • 最小
  • 代替シェル
  • Active Directory 修復
  • ネットワーク

「OK」をクリックします。


すると、次のようなポップアップが表示されるので

システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。再起動の前に、開いているファイルをすべて保存し、すべてのプログラムを閉じてください。

「再起動」をクリックします。


すると、コンピュータが再起動します。

スポンサーリンク


再起動後、サインインすると


このように「セーフモード」で起動します。

通常起動に戻す

セーフモードを通常の起動に戻しましょう。

ショートカットキー「Win + R」を押すと


「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されるので

msconfig」と入力し


「OK」をクリックします。


システム構成です。

上部タブメニュー「ブート」をクリックします。

  • セーフブート

からチェックをはずし


「OK」をクリックします。


「再起動」をクリックします。

再起動後、通常起動に戻ります。

関連記事(一部広告含む)