Windows10 - ランダムなハードウェア アドレスを使う - MACアドレス

スポンサーリンク

Windows10 で、ランダムなハードウェア アドレス(MACアドレス)を使う方法を紹介します。

ランダムなハードウェア アドレスを使うと、Wi-Fi ネットワークへの接続時に自分の位置情報を追跡されにくくなります。

ランダムなハードウェア アドレスを使う

それでは実際に設定してみましょう。

タスクバー


タスクバーの「Wi-Fiアイコン」をクリックし


「ネットワークとインターネットの設定」をクリックしましょう。

Windowsの設定


Windowsの設定「ネットワークとインターネット」が表示されるので、左メニューの「Wi-Fi」をクリックします。

ランダムなハードウェア アドレス

ランダムなハードウェア アドレス
ランダムなハードウェア アドレスを使って、さまざまな Wi-Fi ネットワークへの接続時に自分の位置情報を追跡されにくくします。この設定は新しい接続に適用されます。


「ランダムなハードウェア アドレスを使う」を「オン」にしましょう。これで設定完了です。

ハードウェア アドレスの確認


MACアドレスはこんな感じです。

Wi-Fi の切断と接続


タスクバーの「Wi-Fiアイコン」をクリックし


Wi-Fiを「切断」し


Wi-Fiを「接続」しましょう。


すると、このようにMACアドレスが変わっていることがわかります。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)