MENU

Windows Update できない – sfcコマンド – システムファイルの整合性チェック

Windows Update ができない場合にひとつの対処として「sfcコマンド」を実行し、システムファイルの整合性をチェック(スキャン)する方法を紹介します。

目次

sfcコマンド – システムファイルの整合性チェック

まずは管理者としてコマンドプロンプトを起動しましょう。

ここでは Windows8 を例に「sfcコマンド」を実行してみます。


クイックアクセスメニューの「コマンドプロンプト(管理者)」を実行します。


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックし、コマンドプロンプトの実行を許可しましょう。


コメンドプロンプトが起動しました。


次のコマンドを実行しましょう。

sfc /scannow

sfcコマンドを「scannowオプション」で使うと「保護されているすべてのシステムファイルを直ちにスキャンし、不整合などがあった場合は正しいファイルに置き換える」ことができます。

システムスキャンを開始しています。これにはしばらく時間がかかります。

システムスキャンにはディスクの容量によりますが……かなりの時間がかかります。数時間くらいかかるかも。


システムファイルに破損ファイルが見つかると

Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。

このように修復してくれるので、Windows Update を実行してみましょう。

関連記事

目次
閉じる