今日の人気記事

  1. Windows10 の使い方と設定
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - Windows Update 更新プログラム
  4. Windows10 - アプリ「付箋」を使ってみた
  5. Windows10 - スタートメニュー - スタート画面のカスタマイズ

タスクバーにアプリケーションを追加/削除 - Windows7

スポンサーリンク

Windows7のタスクバーにアプリケーションを追加/削除する方法を紹介します。

windows7-pin-app-taskbar-01
デフォルトの設定では「Internet Explorer」「エクスプローラー」「Windows Media Player」がタスクバーに表示されています。

他にもよく使うアプリケーションをタスクバーに追加しておくと大変便利なので、ここではアプリをタスクバーに追加/削除する方法を紹介します。

  1. タスクバーにアプリを追加
  2. タスクバーのアプリを削除
スポンサーリンク

タスクバーにアプリを追加

追加するアプリを起動します。ここでは「メモ帳」を起動しました。

windows7-pin-app-taskbar-02
タスクバーに起動したアプリのアイコンが表示されるので、アイコンにマウスカーソルをもっていきます。

windows7-pin-app-taskbar-03
右クリックすると、メニューが表示されるので「タスクバーにこのプログラムを表示する」をクリックします。

windows7-pin-app-taskbar-04
すると、このようにアプリがタスクバーに追加されます。

次は「すべてのプログラム」にあるアプリを追加してみます。

windows7-pin-app-taskbar-05
タスクバーに追加したいアプリにマウスカーソルを合わせて、右クリックします。

windows7-pin-app-taskbar-06
すると、このようにメニューが表示されるので「タスクバーに表示する」をクリックします。

windows7-pin-app-taskbar-07
すると、このようにアプリがタスクバーに追加されます。

タスクバーのアプリを削除

windows7-pin-app-taskbar-08
タスクバーから削除したいアプリアイコンにマウスカーソルを合わせて右クリックし、「タスクバーにこのプログラムを表示しない」をクリックします。

windows7-pin-app-taskbar-09
すると、このようにアプリがタスクバーから削除されます。

スポンサーリンク

関連記事と広告