今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  3. Windows10 - システムの復元 - 以前の復元ポイントの状態に戻す
  4. iPhoneアプリ「Instagram」 英語表記→日本語に戻す - 表示言語がおかしい
  5. Windows10 - IME デスクトップ言語バーを表示する方法

Windows7 - スクリーンセーバーの設定

スポンサーリンク

Windows7 のスクリーンセーバー設定方法を紹介します。

スクリーンセーバーとは、ある一定の時間ユーザーからの入力や操作がなかった場合にディスプレイを保護するための写真・テキストなどのアニメーションが表示させるユーティリティのことです。

この機能を使うと自分で撮影した写真をスクリーンセーバーとして設定することもできるので、デジタルフォトフレーム代わりに利用することもできますね。

スクリーンセーバーの設定

それでは Windows7 のスクリーンセーバー設定方法をみていきます。

windows7-screensaver-01
Windowsメニューから「コントロールパネル」をクリックします。

windows7-screensaver-02
クリックすると「コントロールパネル」ウィンドウが表示されるので「デスクトップのカスタマイズ」の「テーマ変更」をクリックします。

windows7-screensaver-03
右下の「スクリーンセーバー」をクリックします。

windows7-screensaver-04
クリックすると「スクリーンセーバー」ウィンドウが表示されるので、スクリーンセーバーの選択項目をクリックします。

スポンサーリンク

windows7-screensaver-05
スクリーンセーバーを選択肢から選択します。

  • 3Dテキスト
  • バブル
  • フォロギャラリー
  • ブランク
  • ラインアート
  • リボン
  • 写真

ここでは「フォトギャラリー」を選択しました。

windows7-screensaver-06
「設定」をクリックすると、

windows7-screensaver-07
設定ウィンドウが表示されるので、お好みに応じて設定します。

使用する写真は次のフォルダへ保存しておきましょう。

C:\Users\ユーザー名\Pictures

windows7-screensaver-08
設定したら、「プレビュー」でスクリーンセーバーを確認してみましょう。

windows7-screensaver-09
あとはスクリーンセーバーがはじまるまでの「待ち時間」を設定し、「OK」をクリックします。

関連記事(一部広告含む)