Windows8/8.1 - ディスククリーンアップ - 不要ファイルの削除

Windows8で、ディスクのクリーンアップを使って、一時ファイルなどの不要ファイルを削除する方法を紹介します。

Windowsを長い間利用していると「ダウンロードされたファイル」「インターネット一時ファイル」「ゴミ箱」「ログファイル」といった不要なファイルがたまっていきます。あまりに長い間放置しているとパフォーマンス低下の原因になる恐れもあるので、定期的に削除するようにしましょう。

ディスククリーンアップ

Windowsへサインインし、デスクトップでエクスプローラーを起動します。

windows8-disk-cleanup-00
Windowsがインストールされているシステムドライブを選択します。

windows8-disk-cleanup-01
ドライブを選択すると上部メニューに管理が表示されるので、それをクリックします。

windows8-disk-cleanup-02
クリックすると管理のサブメニューが表示されるので、その中から「クリーンアップ」をクリックします。

スポンサーリンク

windows8-disk-cleanup-03
クリックするとドライブにどれくらいの空き領域を作成できるかの計算がはじまります。

windows8-disk-cleanup-04
計算が終わると「ディスククリーンアップ」ウィンドウが表示します。削除した場合の空き領域の容量を確認しながら削除するファイルにチェックを入れ、「OK」をクリックします。

windows8-disk-cleanup-05
「これらのファイルを完全に削除しますか?」というメッセージが表示されるので、問題なければ「ファイルの削除」をクリックします。

windows8-disk-cleanup-06
コンピューターにある不要なファイルが整理されます。容量にもよりますが、だいたいの場合5分かからずに終わります。

ハードウェア関連の人気記事

  1. デバイスを有効 / 無効にする - Windows8
  2. ディスクの空き容量を確認 - Windows8
  3. Windows8/8.1 - ディスククリーンアップ - 不要ファイルの削除
  4. Windows8/8.1 - ディスクのボリュームを拡張 - ディスクの管理
  5. CPUの種類・周波数とメモリ容量の確認 - Windows8
  6. Windows8/8.1 - ハードディスクの最適化(デフラグ)する方法
  7. ドライブのエラーをチェック - Windows8
  8. USBメモリやSDカードを安全に取り外す - Windows8
  9. Windows8/8.1 - ディスクのデフラグ自動実行のスケジュール設定
  10. Windows8/8.1 - ドライブ文字を変更する方法
  11. 外付けHDD・USBメモリ・SDカードの書き込みを高速に - Windows8

関連記事(一部広告含む)