今日の人気記事

  1. Windows10 起動時にアプリを自動起動 - スタートアップに登録
  2. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  3. Windows10 - iTunes のダウンロードとインストール
  4. Windows10 - ファイルの拡張子を表示/非表示にする
  5. Windows10 - アプリ「Sticky Notes(付箋)」を使ってみた

スクリーンショットをキャプチャするショートカットキー - Windows8

スポンサーリンク

Windowsには標準機能として、スクリーンショットをキャプチャするショートカットキーが用意されています。ここでは、そのショートカットキーを使って、スクリーンキャプチャを取得する方法を紹介します。

Windowsアクセサリ「Snipping Tool」を使って、スクリーンショットをキャプチャすることもできますので、用途に応じて使い分けましょう。

ショートカットキー

スクリーンショットをキャプチャするショートカットキーは以下の3つです。

1.Print Screenキースクリーンショットがクリップボードにコピーされます。
2.Altキー + Print Screenキーアクティブなウィンドウのスクリーンショットがクリップボードにコピーされます。
3.Winキー + Print Screenキー スクリーンショットのイメージをファイルに保存します。

それでは実際にひとつずつ使ってみましょう。

1. Print Screenキー

windows8-screenshot-shorcutkey-00
「Print Screenキー」を押します。この時点でスクリーンショットがクリップボードに保存されています。

クリップボードに保存された画像を保存、あるいは編集するためにWindowsアクセサリ「ペイント」を起動します。

windows8-screenshot-shorcutkey-01
「スタート画面」へアクセスし、下向き矢印(↓)をクリックします。

windows8-screenshot-shorcutkey-02
すべてのアプリが表示されるので、「ペイント」をクリックします。

windows8-screenshot-shorcutkey-03
クリックするとデスクトップで「ペイント」が起動するので、スクリーンショットを貼り付けます。

スポンサーリンク

windows8-screenshot-shorcutkey-04
貼り付けられた「ペイント」は、このようになります。あとは編集したり、画像を保存したり、いろいろやってみてください。

2. Altキー + Print Screenキー

windows8-screenshot-shorcutkey-05
次に先ほどと同じようにデスクトップ上で「Internet Explorer」をアクティブにし、「Altキー」を押しながら「Print Screenキー」を押します。これでアクティブなウィンドウがクリップボードに保存されました。

windows8-screenshot-shorcutkey-06
「ペイント」へ貼り付けるとこのようになります。

3. Winキー + Print Screenキー

まずはスクリーンをキャプチャするために「Windows」キーを押しながら「Print Screen」キーを押します。

windows8-screenshot-shorcutkey-10
すると、「ピクチャ」ファルダ内に「スクリーンショット」というフォルダが作成され、キャプチャ画像が「スクリーンショット(*).png」というファイル名で保存されます。

関連記事(一部広告含む)