Windows10 - スクリーンショットを撮る方法まとめ

Windows10での、スクリーンショット(スクショ)の撮り方を紹介します。

Windows10には、スクリーンショットの撮り方がいくつかあるので、ひとつずつ紹介していきます。


まずは「PrintScreen(PrtScn)」キーを使って、スクリーンショットを撮影する方法をみていきます。

PrintScreenキーを押す


「PrintScreen」キーを押すと、画面全体がクリップボードに保存されます。あとはアプリ「ペイント」やOffice(Excel、Word)に貼り付けて編集しましょう。

Alt + PrintScreenキーを押す


「Alt」キーを押しながら、「PrintScreen」キーを押すと、アクティブになっているウィンドウのみがクリップボードに保存されます。あとはアプリ「ペイント」やOffice(Excel、Word)に貼り付けて編集しましょう。

Win + PrintScreenキーを押す

「Windows」キーを押しながら、「PrintScreen」キーを押すと、撮影されたスクリーンショットがファイルとして「スクリーンショット」フォルダーへ保存されます。


デフォルトでは「ピクチャ」→「スクリーンショット」フォルダーに「スクリーンショット(番号)」というファイル名で保存されます。

Win + Shift + Sキーを押す

ショートカットキー「Win + Shift + S」を押すと


「図形を描画して画面切り取り領域を作成する」ことができます。


また、上部にメニューが表示されます。次のような操作を行うことができます。

  • 四角形の領域切り取り
  • フリー フォーム領域切り取り
  • ウィンドウの領域切り取り
  • 全画面表示の領域切り取り
  • 閉じる

アクションセンター - 図形を描画して画面切り取り

「図形を描画して画面切り取り領域の作成は


アクションセンターの「画面領域の切り取り」をクリックすると


実行することもできます。ショートカットキー「Win + Shift + S」を忘れた場合は、こちらから実行しましょう。

デスクトップ画面をキャプチャ - Snipping Tool


キャプチャ画像は次の4つから選択することができます。

  • 自由形式の領域切り取り
  • 四角形の領域切り取り
  • ウィンドウの領域切り取り
  • 全画面領域切り取り

Dropboxにスクリーンショットを保存する

OneDriveにスクリーンショットを保存する

Windows10の使い方

関連記事(一部広告含む)