コマンドプロンプトの起動 - Windows8

Windows8でコマンドプロンプトを起動する方法を紹介します。

コマンドプロンプトは、MS-DOSコマンド(ping、arp、ipconfigなど)を実行するときに利用します。知っておくと便利なので、コマンドプロンプトを起動する方法をいくつか紹介します。

①ファイル名を指定して実行

Windowsロゴキーを押しながら、rキーを押すと「ファイル名を指定して実行」というウィンドウがデスクトップ左下に表示されます。

command-prompt-00
名前欄に「cmd」と入力し、「OK」をクリックします。

これでOKです。昔ながらの方法ですね。

②アプリを検索

command-prompt-01
マウスカーソルを右上(もしくは右下)に移動するとメニューが表示されるので、そこから「検索」をクリックします。

command-prompt-02
検索フォームに「コマンド」と入力し、Enterキーを押します。表示された検索結果から「コマンドプロンプト」をクリックします。

これでOKです。Windows8っぽいですね。

③すべてのアプリ

command-prompt-03
スタート画面で右クリックすると、右下に「すべてのアプリ」が表示されるので、それをクリックします。

command-prompt-04
初期インストールされているアプリや各自でインストールした「すべてのアプリ」が表示されるので、その中から「コマンドプロンプト」をクリックします。

これでOKです。これもWindows8っぽいですね。

④高度なコンテキストメニューの表示

Windowsロゴキーを押しながら、xキーを押すと「高度なコンテキストメニューの表示」されます。

command-prompt-05
メニューから「コマンドプロンプト」をクリックすれば、OKです。

⑤フォルダーメニュー

command-prompt-06
デスクトップの左下からフォルダを起動します。

command-prompt-07
「ローカルディスク (C:)」をクリックします。

command-prompt-08
メニューの「ファイル」をクリックするとサブメニューが表示されるので、「コマンドプロンプトを開く」をクリックします。

これでOKです。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

システム関連の人気記事

  1. 不要なサービスを停止 - Windows8を高速化(軽くする)
  2. レジストリエディターの起動方法 - Windows8
  3. サービスの設定(自動・手動/開始・停止) - Windows8
  4. Windows8 - システム情報の確認 - OS、CPU、BIOSなど
  5. Windows8/8.1 - イベントビューアでWindowsログを確認する方法
  6. Windows8 が使用する最大メモリを設定(制限)
  7. システムの復元ポイントを作成・以前の状態に戻す - Windows8
  8. コンピューター名の確認 - Windows8
  9. コマンドプロンプトの起動 - Windows8
  10. Windows8 - タスクマネージャーを起動する方法
  11. USBメモリやCDなどの自動再生を無効に - Windows8
  12. Windows Superfetch を無効にする方法 - Windows8
  13. ローカルグループ ポリシー エディターの起動 - Windows8
  14. 32ビット版か64ビット版かを確認 - Windows8
  15. Windows8/8.1 - 管理者としてコマンドプロンプトを起動する方法

関連記事(一部広告含む)