エクセルのシートを保護する方法(変更できないように)

excel protect worksheets

エクセル(Excel)のシートを保護する方法を紹介します。

エクセル(Excel)には

excel protect worksheets 01

シートを保護し、セルを変更できないようにする機能があります。

シートの保護には、パスワードあり/なしを設定することもできます。うっかりミスを防ぎたい場合などは「パスワードなし」、絶対に修正されては困る場合は「パスワードあり」など状況に応じて使い分けましょう。

また、特定のセルだけ変更できるように設定することもできるので、そちらも合わせて紹介します。

シート保護(変更できないように)

それでは実際にExcelのシートを保護し、変更できないように設定してみましょう。

excel protect worksheets 02

①上部タブ「校閲」を選択
②「シートの保護」をクリックしましょう。

あるいは!

excel protect worksheets 03

①保護したいシートを右クリックし
②「シートの保護」を選択しましょう。

シート保護の設定

excel protect worksheets 04

シートの保護です。
「このシートのすべてのユーザーに以下を許可します。」の必要な項目にチェックを入れましょう/不要な項目からはチェックをはずしましょう。
※ シート保護する目的であれば、このままでOKです。

excel protect worksheets 05

「シートの保護を解除するためのパスワード」を入力しましょう。空欄でもOKです。
「シートとロックされた内容を保護する」にチェックが入っていることを確認し
「OK」をクリックします。

これでシートの保護は完了です。

excel protect worksheets 08

シートが保護されると
「シートの保護」のボタンが「シート保護の解除」に変わります。

シート保護の確認

実際にシートが保護されているかどうか確認してみましょう。

excel protect worksheets 06

適用なセルを変更しようとすると

excel protect worksheets 07

変更しようとしているセルやグラフは保護されているシート上にあります。変更するには、シートの保護を解除してください。パスワードの入力が必要な場合もあります。

このように怒られます。

Excel(エクセル)にはパスワードし、ファイルを丸ごと保護する機能があります。以下の記事で合わせてご覧ください。
Excel(エクセル)ファイルにパスワードを設定・解除する方法

シート保護の解除

シートの保護を解除してみましょう。

excel protect worksheets 09

①上部タブ「校閲」を選択
②「シート保護の解除」をクリックしましょう。

これでシートの保護は解除されます。

※ シートの保護にパスワードを設定した場合には「パスワードの入力」を求められます。

シートの保護が解除されると

excel protect worksheets 10

このようにセルが変更できるようになります。

特定のセルだけ変更できるように設定

保護したシート内で、特定のセルだけ変更できるように設定してみましょう。

excel protect worksheets a01

変更できるようにしたいセルを選択し、右クリックしましょう。

excel protect worksheets a02

「セルの書式設定」を選択します。

excel protect worksheets a03

セルの書式設定です。
①「保護」タブを選択
②「ロック」からチェックをはずし
③「OK」をクリックします。

これで準備完了です。

excel protect worksheets a04

①上部タブ「校閲」を選択
②「シートの保護」をクリックしましょう。

excel protect worksheets a05

「シートの保護を解除するためのパスワード」を入力しましょう。空欄でもOKです。
「シートとロックされた内容を保護する」にチェックが入っていることを確認し
「OK」をクリックします。

これでOKです。特定のセルだけ変更できるようになりました。その他のセルは保護されています。

Excelの行列に関する記事

その他、ExcelのTipsも合わせてご覧ください。

Excel の人気記事