Macアプリ「Skitch」画像キャプチャ・描画・共有

Macの画像キャプチャ・描画・共有アプリ「Skitch」を紹介します。

スクリーンショットを撮影し、その画像に矢印・テキストなどを描画することができます。また、Evernoteアカウントを登録すれば、画像を共有することもできます。

ここでは Macアプリ「Skitch」の簡単な使い方を紹介します。

Macアプリ「Skitch」

まずは、こちらからMacアプリ「Skitch」をインストールしましょう。

Skitch - 撮る。描き込む。共有する - Skitch

価格: 無料(記事公開時)
カテゴリ: 仕事効率化
© 2007-2013 Evernote Corporation

mac-app-skitch-01
Finderの「アプリケーション」フォルダからインストールしたアプリ「Skitch」を起動します。

mac-app-skitch-02
すると、このようなウィンドウが表示されるので、

スポンサーリンク

mac-app-skitch-03
吹き出し部分から画像を取り込みましょう。

  • 全画面
  • 画像のキャプチャ
  • 画像のタイマースナップ
  • カメラ
  • 画像またはPDFを開く
  • 空白ページ

※ ここでは「全画面」をクリックしてみました。

mac-app-skitch-04
すると、このようにデスクトップの画像が Skitch に取り込まれます。

mac-app-skitch-05
サイドバーにあるアイコンから画像をいろいろ編集してみましょう。

mac-app-skitch-06
このように矢印・テキスト・四角・モザイク……などなどさまざまな編集を行うことができます。

当サイトの画像編集のほとんどはアプリ「Skitch」で行っています。直感的で使いやすいので、おすすめのアプリです。

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  3. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  4. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  5. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  6. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  7. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  8. Mac - インターネットからダウンロードしたアプリの実行許可
  9. Macアプリ「カレンダー」とGoogleカレンダーを同期
  10. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  11. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  12. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  13. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  14. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う
  15. Macアプリ「OnyX」の使い方 - メンテンナンスツール

関連記事(一部広告含む)