Macで拡張子に関連付けられているアプリケーションを変更

Macで拡張子に関連付けられているアプリケーションを変更する方法を紹介します。

基本アプリケーション(Macで拡張子に関連付けられているアプリケーション)がどうやって決まっているかはよく分かりませんが、ファイルを開いたときに意図していないアプリケーションで開くことが多い……ような気がします。

そこで今回は基本アプリケーションの変更方法を紹介します。

基本アプリケーションを変更

mac-extension-related-app-change-1
基本アプリケーションを変更したいファイルを右クリックし、「情報を見る」をクリックします。

mac-extension-related-app-change-2
「このアプリケーションで開く」欄から基本アプリケーションを選択します。ファイルを開きたいアプリケーションが表示されていない場合は、「その他」をクリックし、アプリケーションディレクトリからアプリケーションを選択します。これでOKです。

ただ、このままだと拡張子とアプリケーションを関連付けるのではなく、ファイルとアプリケーションを関連付けるだけです。同じ拡張子を持つファイルも同様のアプリケーションで開きたい場合は以下の作業を追加で実施します。

mac-extension-related-app-change-3
「すべて変更」をクリックします。

以上、「Macで拡張子に関連付けられているアプリケーションを変更する方法」でした。Macを使い始めて1年程度経過しますが、まだまだ操作にはなれないようです。ふー。

この記事はお役に立ちましたか?
はいいいえ

アプリケーション関連の人気記事

  1. 【2021年版】Mac で使っているおすすめアプリまとめ
  2. MacからWindowsへリモートデスクトップ接続 - Macアプリ「Remote Desktop 8.0」
  3. Mac - 定番メンテナンスツール「Onyx」ダウンロードとインストール
  4. Mac で Microsoft OneDrive を使ってみよう - アプリ「OneDrive」
  5. Mac と iPhone/iPad で「メモ」を同期する(iCloud)
  6. Mac - ログイン時にアプリケーションを自動起動
  7. Macアプリ「メール」 - アカウントの追加(POP/IMAP、SMTP)
  8. Macアプリ「CheatSheet」 - ショートカットキーのリストを表示
  9. iPhone/iPadで撮影した写真/動画をMacに転送(保存)する方法
  10. Macアプリ「OneDrive」の基本設定をみてみましょう。
  11. Mac - ランチャーアプリ「Alfred」の基本的な使い方
  12. Mac - トラックパッドとマウスのスクロール方向を逆に - アプリ「Scroll Reverser」
  13. Macアプリ「メール」 メッセージの振り分けルール
  14. Mac - すべてのアプリケーションの実行を許可
  15. Macアプリ「メール」 - Outlookメールを使う

関連記事(一部広告含む)