今日の人気記事

  1. Windows10 - 起動時のパスワード入力を省略 - 自動サインイン
  2. Twitter(ツイッター) - ログインとログアウト
  3. Windows10 - ディスプレイの設定 - 解像度の変更
  4. Windows10 の使い方と設定
  5. Windows10 - コマンドプロンプトを起動(管理者)

Microsoftアカウント - 2段階認証を有効(オン)にする方法

スポンサーリンク

Microsoftアカウントの2段階認証を有効(オン)にする方法を紹介します。

2段階認証では、アカウントの保護レイヤーが追加され、サインインする際に別途セキュリティコードが必要になります。

Microsoftアカウント - パスワードの変更

スポンサーリンク


サインインしたら

画面右上の「アイコン」をクリックし


表示されるメニューの「Microsoftアカウントを表示する」をクリックします。


Microsoftアカウントです。

上部メニューの「セキュリティ」をクリックします。


セキュリティの基本です。

下の方にある「その他のセキュリティ オプション」をクリックしましょう。


「2段階認証のセットアップ」をクリックします。


2段階認証のセットアップです。

2段階認証では、アカウントの保護レイヤーが追加され、サインインする際に別途セキュリティコードが必要になります。

「次へ」をクリックします。


認証手段の設定です。

  • アプリ
  • 電話番号
  • メール

※ ここでは「電話番号」を選択しました。


「電話番号 」を入力し

  • テキスト
  • 電話番号

連絡方法を選択し、「次へ」をクリックします。


すると、入力した電話番号にセキュリティコードが送信されます。

iPhone の場合。

こんな感じでセキュリティコードが届きます。


「セキュリティコード」を入力し、「次へ」をクリックします。


2段階認証がオンになりました。/p>

電話が利用できない! などの場合に備えて「回復用コード」を印刷、あるいはメモっておきましょう。


「次へ」をクリックします。


スマートフォンへのアプリパスワードの設定です。

セキュリティコードがサポートされていないアプリまたはデバイスに対しては、アプリパスワードを作成する必要があります。

必要な場合は「アプリパスワード」を作成しましょう。


「次へ」をクリックします。


アプリパスワードが必要なデバイスは他にもあります。

必要な場合は「アプリパスワード」を設定しましょう。


「完了」をクリックします。


これで2段階認証は有効になりました。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)