MENU

Windows 10|CPUの温度を確認する方法

Windows10のCPUの温度を確認する方法を紹介します。

CPUの温度

CPUはソフトウェアやハードウェアから受け取った命令を実行・計算することから、しばしばコンピューターと頭脳といわれています。

CPUが高負荷になり、高温になるとサーマルスロットリングが発生し、CPUのクロック周波数が低下してしまう可能性があります。また、CPUの高温状態が続くとCPU自体の寿命を短くしてしまいます。

ということで、ここではWindows10のCPU温度を簡単に確認する方法を紹介します。

CPUをぶんぶん回すプログラムを長時間走らせる! そんな場合は今回紹介する方法で、CPUの温度を確認してみましょう。

①フリーソフト「CoreTemp」で確認

フリーソフト「CoreTemp」を使って、CPUの温度を確認します。

次の手順でアプリをインストール・実行しましょう。

手順
  1. CoreTemp」にアクセスし、「Download」をクリックします。
  2. ダウンロードしたセットアップ・ファイル「Core-Temp-setup」を実行します(ダブルクリック)。
  3. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  4. 指示に従いセットアップ・インストールを実行しましょう。
  5. 「Core Temp」を実行し、プロセッサの温度読み取りを確認しましょう。

CoreTempは、タスクバーのシステム・アイコンからもCPUの温度を確認することができます。

②フリーソフト「HWMonitor」で確認

フリーソフト「CoreTemp」を使って、CPUの温度を確認します。

次の手順でアプリをインストール・実行しましょう。

手順
  1. HWMonitor」へアクセスします。
  2. 「SETUP」をクリックし、「DOWNLOAD NOW!」をクリックします。
  3. ダウンロードしたセットアップ・ファイル「hwmonitor_X.XX」を実行します(ダブルクリック)。
  4. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  5. 指示に従いセットアップ・インストールを実行しましょう。
  6. 「HWMonitor」を実行し、CPUの温度(Temperatures)を確認しましょう。

③フリーソフト「Speecy」で確認

フリーソフト「CoreTemp」を使って、CPUの温度を確認します。

次の手順でアプリをインストール・実行しましょう。

手順
  1. Speecy」へアクセスします。
  2. 「Download Free Version」をクリックし、「Free Download」→「Download」をクリックします。
  3. ダウンロードしたセットアップ・ファイル「spsetup132」を実行します(ダブルクリック)。
  4. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  5. 指示に従いセットアップ・インストールを実行しましょう。
  6. 「Speccy」を実行し、左メニューの「CPC」をクリックします。
  7. CPUの「Average Temperature」とコアごとの温度(Temperature)を確認することができます。

④コマンドプロンプトで確認

コマンドプロンプトでCPUの温度を確認する方法をみていきます。

手順
  1. 検索ボックスに「cmd」と入力します。
  2. 表示された「コマンドプロンプト」を右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。
  3. ユーザーアカウント制御が表示されるので、「はい」をクリックします。
  4. 下記のwmicコマンドを実行しましょう。
  5. 表示される温度の単位は「K(ケルビン)」で、さらにその値が10倍されています。
  6. 例えば、表示された温度が「3093」である場合は、「3093÷10-273=36.3」と計算でき、CPUの温度は摂氏36.3度になります。
wmic /namespace:\\root\wmi PATH MSAcpi_ThermalZoneTemperature get CurrentTemperature

CPUに関する記事

Windows10のCPUに関する記事です。

Windows10の使い方

Windows10 の使い方や設定はこちらをご覧ください。

関連記事