MENU

Excelの日付を和暦(令和)で表示する方法

Excelの日付を和暦(令和)で表示する方法を紹介します。

Excelに入力した日付は

このように「R」や

「令和」といった和暦で表示することができます。

また、「令」といった表記もできるので、それらの方法をみていきます。

Excelで、今日の日付を入力する方法は?

日付を和暦「R」で表示

Excelの日付を和暦「R」で表示してみましょう。

①セルに「日付」を入力し、そのセルを選択します。
②「ホーム」タブを選択し
③「数値」の右下にある「↘」をクリックします。

セルの書式設定です。
①分類の「日付」を選択
②カレンダーの種類で「和暦」を選択しましょう。
③日付の種類を選択し
④「OK」をクリックします。

すると、このように和暦「R」で日付を表示することができます。

日付を和暦「令和」で表示

Excelの日付を和暦「令和」で表示してみましょう。

①セルに「日付」を入力し、そのセルを選択します。
②「ホーム」タブを選択し
③「数値」の右下にある「↘」をクリックします。

セルの書式設定です。
①分類の「日付」を選択
②カレンダーの種類で「和暦」を選択しましょう。
③日付の種類を選択し
④「OK」をクリックします。

すると、このように和暦「令和」で日付を表示することができます。

日付を和暦表記(ユーザー定義)

セルの書式のユーザー定義を使って、日付を和暦表記にすることもできるので、合わせてみていきます。

①セルに「日付」を入力し、そのセルを選択・右クリックします。
②「セルの書式設定」をクリックします。

セルの書式設定です。
①分類の「ユーザー定義」を選択
②種類に日付の表示形式を入力しましょう。例えば、「ggee.mm.dd」

表示形式和暦の表示
gR
gg
ggg令和

③サンプルで日付を確認し
④「OK」をクリックします。

日付が、このように和暦表記になります。

Excel 日付や時刻の関連記事

その他、ExcelのTipsも合わせてご覧ください。